カエンボク(火焔木)

【かぎけんWEB】
カエンボクは、熱帯3大花樹の一つとされるゴマノハグサ目ノウゼンカズラ科スパトデア属の常緑高木です。
別名:アフリカン・チューリップ・ツリー(African Tulip Tree)

カエンボク(火焔木) カエンボク(火焔木) カエンボク(火焔木)

カエンボク(火焔木) は、アフリカ原産のゴマノハグサ目ノウゼンカズラ科スパトデア属の常緑高木です。 英名をアフリカン・チューリップ・ツリー(African Tulip Tree)と言います。 枝先に赤い炎のようなチューリップ形の花を付く散房状の総状花序につけます。 ハワイなどの暖かい地域では一年中花が咲いています。 花色には代表的な赤花種の他、黄色花種もあります。 花後には、長さ20cmほどの果実をつけます。
アフリカン・チューリップ・ツリー(African Tulip Tree)ジャカランダ(Jacaranda)ホウオウボク(鳳凰木) は、熱帯3大花樹とされます。

一般名:カエンボク(火焔木)
学名:Spathodea campanulata(スパトデア・カンパヌラタ)
別名:アフリカン・チューリップ・ツリー(African Tulip Tree)、 スパトデア・カンパヌラタ(Spathodea campanulata Beauvois)
分類名:分類名:植物界被子植物門双子葉植物綱ゴマノハグサ目ノウゼンカズラ科スパトデア属
原産地:Palisot Beauvois(ゴールドコースト、アフリカ)
樹高:20m 花序長:7〜8cm 花序種類:総状花序 開花期:周年  果実長:20cm 

■関連ページ
アフリカン・チューリップ・ツリー(African Tulip Tree)  マウイ木の花(2001年8月)  ア行の花図鑑  カ行の花図鑑  樹木図鑑 

アフリカン・チューリップ・ツリー アフリカン・チューリップ・ツリー アフリカン・チューリップ・ツリー カエンボク(火焔木)=アフリカン・チューリップ・ツリー(African Tulip Tree)
マウイ島で