ベニカナメモチ(紅要黐)

【かぎけんWEB】
ベニカナメモチとは春、葉が紅葉し白花を咲かせ、冬、葉が緑色となる変り者のバラ目バラ科カナメモチ属の小高木です。
別名:カナメモチ(要黐)、アカメモチ(赤芽黐))

ベニカナメモチ(紅要黐) ベニカナメモチ(紅要黐) ベニカナメモチ(紅要黐) ベニカナメモチ(紅要黐)

ベニカナメモチ(紅要黐) は、春先に葉が紅葉し、冬に緑色となる一風変ったバラ目バラ科カナメモチ属の常緑広葉木小高木です。新芽の頃の紅葉は、アントシアニンという成分で葉が赤くなります。春〜初夏、泡を吹いたように白い小さな五弁花を枝先に多数つけて散房状花序を形成します。似た木にベニカナメモチ(紅要黐)ほどは赤くならないカナメモチ(要黐)や、カナメモチとオオバカナメモチの交配品種であるレッド・ロビンがあります。レッド・ロビンはベニカナメモチより新芽の赤が濃く、葉が大きくて柔らかく、葉縁のギザギザ(鋸歯)が控えめです。どの木も庭の生垣や街路樹、公園樹として植えられます。

一般名:ベニカナメモチ(紅要黐)
学名:Photinia glabra
別名:カナメモチ(要黐)、アカメモチ(赤芽黐))
科属名:植物界被子植物門双子葉植物綱バラ目バラ科カナメモチ属
原産地:中国、日本
樹高:5m 樹皮色:灰黒〜黒褐 葉の観賞期:4月〜  葉長:7〜10cm 波形:長楕円形〜狭卵形 葉縁:小さな鋸歯 葉質:厚く皮質  開花期:5〜6月 花色:白〜白桃 花径:0.7〜0.8cm 花形:5弁花 実:秋に赤く熟す

■関連ページ
ベニカナメモチ(紅要黐)  5月の花(2005年)  3月の花(2006年)  ハ行の花  樹木図鑑  花暦2005年  花暦2006年  花暦 


ベニカナメモチ(紅要黐)


ベニカナメモチ(紅要黐)
ベニカナメモチ(紅要黐)
ベニカナメモチ(紅要黐)

ベニカナメモチ(紅要黐)
沼津市内の庭で、2005年5月1日


ベニカナメモチ(紅要黐)
ベニカナメモチ(紅要黐)
江東区白河で、2006年3月26日


ベニカナメモチ(紅要黐)
ベニカナメモチ(紅要黐)
ベニカナメモチ(紅要黐)
木場公園で、4月


ベニカナメモチ(紅要黐)
ベニカナメモチ(紅要黐)
ベニカナメモチ(紅要黐)
ベニカナメモチ(紅要黐)
木場公園で、2004年6月6日


ベニカナメモチ(紅要黐)
ベニカナメモチ(紅要黐)