ハゼラン<ハゼラン属<スベリヒユ科

ハゼラン(爆蘭)

ハゼランは、夏、米粒大の桃色の花と赤い実を付けるスベリヒユ科ハゼラン属の多年草です。
別名:三時草(サンジソウ)、コーラルフラワー

爆蘭(ハゼラン) ハゼラン(爆蘭) ハゼラン(爆蘭) ハゼラン(爆蘭)

ハゼラン(爆蘭)は、スベリヒユ科ハゼラン属の多年草です。 夏、茎先に円錐花序を出し、そこに米粒大の桃色五弁花と赤い実のような蕾を疎らにつけます。 午後3時頃に咲く、または3時間ほどしか咲かないから、別名を三時花とも呼ばれます。

■関連ページ
ハゼラン(爆蘭)  7月の花#3(2003年)  ハ行の花図鑑 

一般名:ハゼラン(爆蘭)
学名:Talinum crassifolium
別名:三時草(サンジソウ)、コーラルフラワー
科属名:スベリヒユ科ハゼラン属
原産地:南米
草丈:30cm 花色:桃


ハゼラン(爆蘭)
ハゼラン(爆蘭)
ハゼラン(爆蘭)
ハゼラン(爆蘭)

ハゼラン(爆蘭)
麹町の道端で、2003年7月に撮影
撮影時、花は閉じていました。