カンツバキ<ツバキ属<ツバキ科<ツバキ目

カンツバキ(寒椿)

サザンカとツバキの交雑種
カンツバキはツバキ目ツバキ科ツバキ属の常緑中低木です。

カンツバキ カンツバキ カンツバキ ヤブツバキ(藪椿) ヤブツバキ(藪椿) ヤブツバキ(藪椿) 寒椿 寒椿 表 寒椿 裏 寒椿生垣状 寒椿の葉 カ寒椿の花木)

カンツバキ(寒椿) は、 ツバキ(椿)  と  サザンカ(山茶花)  の交雑種とされるツバキ目ツバキ科ツバキ属の常緑中低木です。 花弁と雄蕊が合着している椿の特徴、花弁が一枚ずつ散る山茶花の特徴、性質を合わせ持ちます。 冬の代表的な花木であり八重咲きの薄紅花が代表ですが、赤や白、桃色の一重や八重咲きもあります。 葉は暗緑色で小さな槍形をしており葉縁に鋭い鋸歯があります。 常緑で、横に広がりやすく、刈り込みに強い性質なので、庭木や垣根に使われます。

■関連ページ
カンツバキ(寒椿)  11月の花木(プラザ元加賀、2011年11月5日)  2月の花(2009年)  カ行の花図鑑  樹木図鑑  花暦2009年  花暦 

一般名:カンツバキ(寒椿)
学名:Camellia hiemalis Nakai(カメリア・ヒエマリス・ナカイ)
分類名:植物界被子植物門双子葉植物綱ツバキ目ツバキ科ツバキ属
原産地:日本固有種
樹高:1〜3m 開花期:11〜2月  花径:5〜7cm  花色:淡紅の八重咲き、赤・白・桃の一重〜八重咲き  葉色:暗緑色 葉形:槍形 葉縁:鋭い鋸歯 

 
●プラザ元加賀グリーンツアー


カンツバキ
「隠れてたのに見つかってしもた」

カンツバキ
「これじゃ偵察隊とは言われへんなぁ」

カンツバキ
「ワイはカンツバキでっせ」

カンツバキ(寒椿)
ネームプレートはグリーンツアーでボランティアが挿したもの
プラザ元加賀で、2011年11月5日


●プラザ元加賀2011年12月


ヤブツバキ(藪椿)
ヤブツバキ(藪椿)
ヤブツバキ(藪椿)

カンツバキ(寒椿)
プラザ元加賀で、2011年12月4日


●清水谷公園 2月


寒椿 裏
どうもぉ〜、かんつばき ウラ です。

寒椿 表
どうも、かんつばきオモテです。

寒椿の葉
どうも、かんつばき葉です、よろしく。

寒椿
実はわたし、ひとりで咲いている訳ではありません。これが仲間です。

寒椿生垣状
皆でスクラム組んで咲いてます。生け垣にお一ついかが!?
リクルート活動始めてどないすんねん(ノω・、)

カ寒椿の花木)
短いけど逞しいアシ、手腕が冴える横とのネットワークの良さ、
打たれ強さが私の自慢です。 (自慢してどうする。)

カンツバキ(寒椿) 代表品種(八重咲き薄紅色)
清水谷公園で、2009年2月21日