シモツケソウ(下野草)

【かぎけんWEB】
シモツケソウとはバラ目バラ科シモツケ属の多年草です。
別名:クサシモツケ(草下野)

シモツケソウ(下野草) シモツケソウ(下野草) シモツケソウ(下野草) シモツケソウ(下野草) シモツケソウ(下野草) シモツケソウ(下野草) シモツケソウ(下野草)

シモツケソウ(下野草)は、初夏〜夏、小さな紅色の四〜五弁花を散房花序につける バラ目バラ科シモツケ属の多年草です。 シモツケ(下野) と似ていますが、 シモツケ(下野)が木であるのに対し、シモツケソウ(下野草)はソウ(草)とつくように草本です。
また、シモツケ(下野)の葉は卵形や披針形であるのに対し、 シモツケソウ(下野草)の葉は掌状に5〜7に深裂します。 シモツケ(下野)とシモツケソウ(下野草)の共通項は、いずれもバラ目バラ科シモツケ属で、 葉縁に不揃いの鋸歯(ギザギザ)があることです。 花の感じが、ユキノシタ科のアスチルベ(Astilbe) と似ています。

一般名:シモツケソウ(下野草)
学名:Filipendula multijuga
別名:クサシモツケ(草下野)
分類名:バラ科シモツケ属
原産地:日本
樹高:30〜80cm 花色:桃 花径:0.5cm 開花期:6〜8月

●シモツケ属の花
コデマリ(小手毬)シジミバナ(蜆花)シモツケ(下野)シモツケソウ(下野草)ユキヤナギ(雪柳)、  があります。

■関連ページ
シモツケソウ(下野草)  シモツケ(下野)  高尾山野草園(2008年6月7日)  野草図鑑  サ行の花図鑑  花暦2008年  花暦 


シモツケソウとシモツケの違い
シモツケソウ(下野草) シモツケ(下野)
シモツケソウ(下野草)
葉形が紅葉のように掌形
シモツケ(下野)
葉形が披針形または卵形
シモツケソウ(下野草) シモツケ(下野)
シモツケソウ(下野草)
四〜五弁花を散房花序につける
シモツケ(下野)
五弁花を散房花序に半球状につける

シモツケソウ


シモツケソウ(下野草)
シモツケソウ(下野草)
シモツケソウ(下野草)
シモツケソウ(下野草)
シモツケソウ(下野草)
シモツケソウ(下野草)
シモツケソウ(下野草)

シモツケソウ(下野草)
2008年6月7日、高尾山野草園