ビバーナム・ティヌス<ガマズミ属<スイカズラ科

ビバーナム・ティヌス(Viburnum tinus)

ビバーナム・ティヌスは、スイカズラ科ガマズミ属の低木です。
別名:トキワガマズミ(常盤ガマズミ)

ビバーナム・ティヌス(Viburnum tinus) ビバーナム・ティヌス(Viburnum tinus) ビバーナム・ティヌス(Viburnum tinus)

ビバーナム・ティヌス(Viburnum tinus)は、春、 たくさんに枝分かれした茎先に集散花序の白花を密集して咲かせるスイカズラ科ガマズミ属の常緑低木です。 秋に黒い果実が密になります。

■関連ページ
ビバーナム・ティヌス(Viburnum tinus)  10月の花#2(2008年)  花暦2008年  花図鑑  ハ行の花図鑑  木の実・草の実図鑑  花暦 

一般名:ビバーナム・ティヌス(Viburnum tinus)
学名:Viburnum tinus L.
別名:トキワガマズミ(常盤ガマズミ)、ビブルナム・ティヌス(読み方違い)、Laurestinus
分類名:スイカズラ科ガマズミ属
原産地:地中海沿岸
開花期:4月 花色:白 集合花径:7cm 果実色:黒


ビバーナム・ティヌス(Viburnum tinus)
ビバーナム・ティヌス(Viburnum tinus)

ビバーナム・ティヌス(Viburnum tinus)の黒い果実
2008年10月15日、花瓶の花