ホーム > 電磁波解析事例 > 光学 > レイリー散乱のシミュレーション
レイリー散乱のシミュレーション

KeyFDTDを用いてレイリー散乱(Rayleigh-Scattering)を現したシミュレーションです。
空気中の極微粒子(数十nm以下で最近話題のPM2.5の1/100程度の大きさ)に光があたった時の散乱の様子を表しています(レイリー散乱)。
金属の玉のように見えるのが微粒子で、左斜め下から光が当たっています。

レイリー散乱(Rayleigh-Scattering)の解析

レイリー散乱(Rayleigh-Scattering)の解析

お問い合わせ・資料ダウンロードのお申し込みはこちら

お問い合わせ・資料ダウンロード