株式会社 科学技術研究所
ホーム > かぎけんブログ > 電磁波 > ナノ秒単位の高電界パルスの利用とシミュレーション
ナノ秒単位の高電界パルスの利用とシミュレーション
投稿日:2018/07/02
カテゴリ:電磁波

ナノ秒単位で高電界を加えるnsPEF(nanosecond Pulsed Electric Field)はガン治療への利用などが期待されています。

nsPEFを生体細胞に照射すると細胞自死が誘発できることが報告されており、この効果をガン細胞へ利用し、治療や症状進行を抑制することが考えられています。
ただし、細胞自死を誘発する機構は未だ解明されていません。

過去の細胞自死誘発機構の研究では、細胞内部の電界分布は議論されませんでした。
これはマイクロスケールにおける電界分布測定が難しいためです。
しかし、シミュレーションを使用すればマイクロスケールの電界分布を定量的に調査できます。

KeyFDTDで7月13日(金)に開催するセミナーで上記のシミュレーションを取り上げます。
興味がある方は下記リンクからお申し込みください。
電磁波解析セミナー参加お申し込みフォーム
https://www.kagiken.co.jp/seminar_application