株式会社 科学技術研究所
ホーム > かぎけんブログ > 電磁波 > PIERS2018口頭発表無事終了のご報告
PIERS2018口頭発表無事終了のご報告
投稿日:2018/08/08
カテゴリ:電磁波
PIERS2018口頭発表無事終了のご報告。 8月1日~8月4日に開催されたPIERS2018Toyamaで、藤田明希、三角哲平(株式会社 科学技術研究所)が口頭発表いたしました。 PIERS(Progress in Electromagnetics Research Symposium)はRF、マイクロ波、フォトニクス、放射線まで電磁波、電磁気学に関係したあらゆる分野について最新の研究が発表される世界有数規模の国際シンポジウムです。 藤田はナノ秒のパルスを加えた場合の細胞近傍における電解分布を定量的に評価しました。細胞の形状やパルスの中心周波数、パルスの偏光を変更して電解強度の集中を比較しました。 三角は導体円板に平面波を斜め入射した際の導体円板上の電流分布をFDTD法で導出し厳密解との一致を確認しました。 8月4日 08:50~09:10 「Visualization of the Electrical Field in the Vicinity of a THz Pulse Exposed Cell with FDTD Simulation」弊社 科学技術研究所  副社長兼科学技術部長 藤田 明希 8月4日 16:40~17:00 「FDTD Analysis of the Complex Current Distribution on a Circular Disk Exposed to a Plane EM Wave with Oblique Incident Angle」 弊社科学技術部 武藤 拓人、三角 哲平 (写真は口頭発表を行う三角)