株式会社 科学技術研究所
ホーム > かぎけんブログ > 電磁波 > KeyFDTDで解析できる対象について
KeyFDTDで解析できる対象について
投稿日:2018/08/31
カテゴリ:電磁波

FDTD法は数百MHzの高周波から紫外~PHzまでの幅広い帯域を解析できます。
FDTD法は波長に近い構造物を得意とし、特に効率よく解析できます。
解析事例に公開しているマイクロ波帯の電子レンジの解析や
可視光帯におけるナノ構造体のプラズモン解析は得意な例です。

構造物が波長に対して10倍以上大きい、または小さい場合は解析時間などのコストが増えますが、解析できないというわけではありません。
全体の一部のみ解析すれば十分なケースもあり、低いコストで済むこともあります。

シミュレーションの特徴は実験では避けられない試料の作成コストを省ける点にあります。
かぎけんは様々な事例に合わせたシミュレーションを提供するノウハウを10年以上に渡って蓄積してきました。

シミュレーションの利用を検討されている方は、ぜひ一度ご相談ください。