株式会社 科学技術研究所
ホーム > かぎけんブログ > 電磁波 > FDTD法解説ページ第3章の概要
FDTD法解説ページ第3章の概要
投稿日:2019/06/12
カテゴリ:電磁波

「FDTD法とは」解説ページは全4章で構成されています。
第3章はシミュレーションと実験の比較について解説しています。

第3章1節 マクスウェル方程式が仮定していること
FDTD法の支配方程式であるマクスウェル方程式が仮定している点について解説します。
マクスウェル方程式では考慮されていないが、シミュレーションでは考慮すべき項目が理解できます。

第3章2節 分極の振る舞いに関する仮定
分極がある物質をFDTD法でどう取り扱うかを示します。
周波数や対象によって異なる物性近似手法の概要が理解できます。

第3章3節 FDTD法に関する仮定
励振源の設定を中心にシミュレーションする際に仮定する項目について解説します。
シミュレーション結果を実験と比較する際に注意すべき仮定を理解できます。

第3章4節 解析事例(2つの位相制御ポートを持つ円筒キャビティ)
解析事例を用いて実際にシミュレーションに落とし込むための仮定について解説します。
異方性を持つハニカムのモデル化を例に直接モデル化が難しい点を様々な仮定のもと単純化します。

第3章5節 FDTD法で仮定されていること、注意点・対処
FDTD法のシミュレーションにおける仮定とその注意点・対策のまとめです。
標準のFDTD法が仮定している要素とその仮定を成り立たせるための条件や、成り立たない場合の対策が理解できます。