株式会社 科学技術研究所
ホーム > かぎけんブログ > 電磁波 > FDTD法解説ページ第4章の概要
FDTD法解説ページ第4章の概要
投稿日:2019/07/03
カテゴリ:電磁波

「FDTD法とは」解説ページは全4章で構成されています。
第4章では研究や論文執筆におけるシミュレーションの活用方法、効果的な見せ方について解説します。

第4章第1節 妥当性の主張
報告書や論文におけるシミュレーションを使用した場合の記載方法を解説します。
シミュレーション結果を報告する際に重要となる再現性を記載する方法を理解できます。

第4章第2節 シミュレーション結果の掲示
シミュレーション結果を論文等に記載する際の方法を解説します。
効果的なシミュレーション結果の魅せ方を理解できます。

第4章第3節 報告書・プレゼンテーションについて
シミュレーションを用いた結果を発表する際の注意点について解説します。
実験とシミュレーション結果の比較やプレゼンテーションの際に気をつけるべき項目を理解できます。

第4章第4節 解析事例(NaCl水溶液のマイクロ波加熱)
NaCl水溶液のマイクロ波加熱シミュレーションを取り上げます。
NaCl水溶液にマイクロ波が入射した際の電気伝導が3章で解説した分散モデルで再現され、水の場合から加熱量分布が大きく変化する様子がシミュレーションからわかります。

第4章第5節 シミュレーションの妥当性に関する注意点・対処
シミュレーション全体の注意点を一覧にしています。
解析モデルの作成、解析、結果の処理の各ステップにおける定性的・定量的評価の注意点を理解できます。