ホーム > かぎけんブログ > Rails > [第1回] アプリケーションを作成する
[第1回] アプリケーションを作成する
投稿日:2017/03/15
カテゴリ:Rails

Ruby on Railsで簡単なアプリケーションを作る第1回目です。
今回は、新規プロジェクトを作成し、簡易サーバーを起動、画面が表示されることの確認までを行います。

1. プロジェクトの作成
新規プロジェクトの作成にはrails newコマンドを用います。
このコマンドを実行するとRailsアプリケーションが動作するのに必要なファイル群を作成します。
以下のコマンドを実行します。
今回のプロジェクト名はsample_railsとしました。


    $ rails new sample_rails
      create
      create  README.md
      …省略…
      create  vendor/assets/stylesheets/.keep
      remove  config/initializers/cors.rb
         run  bundle install
    Fetching gem metadata from https://rubygems.org/..........
    Fetching version metadata from https://rubygems.org/..
    Fetching dependency metadata from https://rubygems.org/.
    Resolving dependencies...
    Using rake 12.0.0
    …省略…
    Bundle complete! 15 Gemfile dependencies, 62 gems now installed.
    Use `bundle show [gemname]` to see where a bundled gem is installed.
             run  bundle exec spring binstub --all
    * bin/rake: spring inserted
    * bin/rails: spring inserted
  

実行後のディレクトリ構成は以下のようになっています。


    $ tree -d
    .
    ├── app                           # アプリケーションのメインフォルダ
    │   ├── assets                   # アセットリソース
    │   │   ├── config              # アセットの設定ファイルの保存先
    │   │   ├── images              # 画像
    │   │   ├── javascripts         # Javascript
    │   │   │   └── channels       # Action Cable
    │   │   └── stylesheets         # CSS
    │   ├── channels                 # Action Cable
    │   │   └── application_cable   # Action Cable
    │   ├── controllers              # コントローラー
    │   │   └── concerns            # 複数のコントローラーにまたがる共通処理をかく
    │   ├── helpers                  # ヘルパー
    │   ├── jobs                     # Active Job
    │   ├── mailers                  # Action Mailer
    │   ├── models                   # モデル
    │   │   └── concerns            # 複数のモデルにまたがる共通処理を書く
    │   └── views                    # ビュー
    │       └── layouts              # 基本レイアウト定義するファイル
    ├── bin                           # 各種スクリプト
    ├── config                        # 設定ファイル
    │   ├── environments             # 各環境の設定
    │   ├── initializers             # 初期化ファイル
    │   └── locales                  # 辞書ファイル
    ├── db                            # DBに関するファイル
    ├── lib                           # 自作のライブラリなど
    │   ├── assets                   # 自作ライブラリに関するアセット
    │   └── tasks                    # タスク関連
    ├── log                           # ログ
    ├── public                        # 公開フォルダ(静的なコンテンツを設置)
    ├── test                          # テスト
    │   ├── controllers              # コントローラーテスト
    │   ├── fixtures                 # フィクスチャ
    │   │   └── files
    │   ├── helpers                  # テストヘルパー
    │   ├── integration              # 結合テスト
    │   ├── mailers                  # メールテスト
    │   └── models                   # モデルテスト
    ├── tmp                           # 一時ファイル
    │   └── cache
    │       └── assets
    └── vendor                        # 外部ライブラリのコード
        └── assets                    # 外部ライブラリのアセット
            ├── javascripts
            └── stylesheets

    44 directories
  

 

2. サーバーの起動と動作確認
アプリケーションの作成が出来ましたので、WEBサーバーを起動します。
コンソールで以下のコマンドを実行します。


    $ bin/rails s
    => Booting Puma
    => Rails 5.0.2 application starting in development on http://localhost:3000
    => Run `rails server -h` for more startup options
    Puma starting in single mode...
    * Version 3.8.2 (ruby 2.3.3-p222), codename: Sassy Salamander
    * Min threads: 5, max threads: 5
    * Environment: development
    * Listening on tcp://localhost:3000
    Use Ctrl-C to stop
  

サーバーの起動が出来ました。
デフォルトではホスト:localhost、ポート:3000で起動します。
ブラウザからhttp://localhost:3000にアクセスします。
以下の画像の様な画面が表示されれば正常に処理できています。

 

新規アプリケーションの作成と動作確認が行えました。