13 行ってしもうた

ワイは誰でっしゃろ?
13.ショートショート:「行ってしもた」
①「むしゃむしゃ」
②「おっ」
③「ぴょん」
④「どれどれ」
⑤「あっ、行ってしもた」
ワイの正体は…

答え:ハイイロリス(灰色栗鼠)

灰色っぽいリス

ショートショート「行ってしもた」:ハイイロリス(灰色栗鼠)は小動物特有のすばしっこさで常に落ち着きなく動き回っています。そのリスが追えなかったものとは何だったのでしょう。体毛が灰色で尻尾が体と同じぐらい長くてふわふわしているリスです。

ハイイロリス(灰色栗鼠)は、北米の森林に生息する哺乳綱ネズミ目リス科リス属の樹上性の大型リスです。体毛は灰色で腹部は白い。ふさふさした大きな尾は体と同じ長さです。昼行動し木の芽や果実キノコ昆虫類などを採食します。前足で餌を持って食べます。土中や木の隙間などに食べ物を埋めて貯蔵する習性があります。顎が強いので堅いクルミの殻を割って食べます。尻尾は木々を移動するときにバランスをとったり、体温調節をしたり、仲間同士のコミュニケーションをはかるのに使われます。アメリカやカナダの生息地の他、移入された英国や南アフリカで、ブナオークなどの樹皮を剥ぐ被害が問題になっており、駆逐の意味もあって狩猟対象とされジビエと料理の材料となります。
一般名:ハイイロリス(灰色栗鼠) 学名:Acsiurus caroolinensis 別名:Grau squirrel 分類名:哺乳綱 ネズミ目(齧歯目)リス科リス亜科リス属 分布:アメリカ・テキサス州東部~カナダ南東部の北米 環境:森林 体長:45~50cm(尾を含む) 尾長:23~24cm 体重:0.4~0.7Kg 体毛色:灰色、白(腹部) 餌:木の芽や果実、キノコなど草食が主体で、他にアリセミ等の昆虫類も食べる雑食性 行動:昼行性 繁殖:胎生 天敵:フクロウタカ等の鳥類テン等の動物 社会性:単独行動 縄張り意識:少 冬眠:しない 移入:英国、南アフリカ
←前のワイ 立つと凄いんです夢を喰う 次のワイ→