ホーム > ニュース > 電磁波解析 > 電磁波解析事例「白金ナノ粒子の光学特性」
2020-07-15

電磁波解析事例「白金ナノ粒子の光学特性」

白金ナノ粒子の光学特性解析

白金ナノ粒子の光学特性を電磁波解析ソフトKeyFDTDでシミュレーションしました。

白金の物性値を分散モデルで近似し、粒径80nmの白金ナノ粒子層にガウシアンパルスを入射、可視光~紫外域の透過・反射スペクトルを算出しました。

白金ナノ粒子層は波長全体でほぼ反射しませんが、波長570[nm]以下で局在表面プラズモン共鳴により透過率が低下し、波長430[nm]で透過率の最小値を示すことを確認しました。

白金ナノ粒子のFDTD法による光学特性シミュレーション

 

引き続き電磁波解析ソフトKeyFDTDと科学技術研究所をよろしくお願いいたします。