ホーム > ニュース > 電磁波解析 > 電磁波解析「マイクロ波加熱」科学技術研究書
2020-09-09

電磁波解析「マイクロ波加熱」科学技術研究書

物性変化を考慮した冷凍食品の電子レンジによる解凍シミュレーション

電磁波解析「マイクロ波加熱一物性変化を考慮した冷凍食品の電子レンジによる解凍シミュレーション」(電磁波解析の巻 科学技術研究書3前編)は、科学技術研究書創刊号の「イカの煮付けを電磁波解析」、第2号「電子レンジの加熱均一性評価」に引き続き、かぎけん出版が発刊した書籍「科学技術研究所書」の電磁波解析の巻を、無料web化したものです。


Electromagnetic Wave Analysis 3# ~Microwave Heating~ Simulation of Thawing Frozen Food with a Microwave Oven Which Takes Variation of Physical Properties into Consideration. Science and Technology Research Inst. Co.


はじめに

マイクロ波が電子レンジ内部で加熱対象に入射する時、物性値や対象形状、レンジ庫内形状によって加熱量は一定ではなく分布します。特に冷凍食品のように温度による物性変化が大きいものは均一加熱が困難です。ここではマイクロ波加熱のポイントとなる複素誘電率や媒質中の波長短縮、侵入深さなどの基礎知識を紹介します。 さらに電磁波解析ソフトウェアKeyFDTDを用いてマイクロ波により冷凍食品を加熱した場合の加熱量を定量的に予測しました。今回は冷凍ピラフを加熱対象とし、その解析結果を紹介します。またFDTD法による電磁波解析を用いた加熱量定量化の有効性を示します。


Introduction

When microwave is incident on an object, quantity of heat distributes heterogeneously because of its physical properties or shape. Especially objects whose properties varies largely according to temperature like frozen foods are difficult to heat homogeneously. In this chapter complex permittivity, shorter wavelength in media and penetration depth as the point of microwave heating with an electrical oven. We simulated distribution of quantity of heat in frozen food placed in microwave oven quantitatively with electromagnetic analysis software, KeyFDTD. In this chapter we will focus on frozen pilaf as a heating target and will show the result. And we clarify that quantitation of distribution of heat with electromagnetic analysis using Fdtd method is valid.


科学技術研究書、株式会社 科学技術研究所

science and technology research book by Science and Technology Research Inst. Co.