ホーム > ニュース > 電磁波解析 > 電磁波解析事例「単分散白金ナノ粒子の再現に必要な粒子間隔の調査性」
2020-09-14

電磁波解析事例「単分散白金ナノ粒子の再現に必要な粒子間隔の調査性」

単分散白金ナノ粒子の再現に必要な粒子間隔の調査

電磁波解析ソフトKeyFDTDを用い紫外域(λ=200~400[nm])における水中の白金ナノ粒子について単分散の再現に必要な粒子間隔を調査しました。粒子間隔変更に伴う解析領域の変化を考慮し、規格化した透過率で比較、検討しました。水中の白金ナノ粒子では粒径の3倍以上の粒子間隔をとることで2%程度の誤差で単分散を再現できることが示されています。

単分散白金ナノ粒子の再現に必要な粒子間隔の調査

引き続き電磁波解析ソフトKeyFDTDと科学技術研究所をよろしくお願いいたします。