株式会社 科学技術研究所
ホーム > ニュース > 電磁波解析 > 蒸留水と電解液のマルチモード加熱シミュレーション
2018-05-17
蒸留水と電解液のマルチモード加熱シミュレーション

電磁波解析ソフトKeyFDTDで、蒸留水とNaCl水溶液のSAR分布を導出しました。電解液のNaCl水溶液は 一定の周波数以下で導電性があるため、DebyeとDrudeモデルの組み合わせで物性値を近似しています。電解液に電流が流れる周波数(2.45GHz)と流れない周波数(5.8GHz)で加熱し、誘電体である蒸留水とSAR分布を比較しました。

2.45GHzでは電解液に電流が流れることで、蒸留水と比べて電解液のSAR分布が大きく変化します。
5.8GHzでは電解液に電流が流れないため、蒸留水と電解液でSAR分布の変化はほぼありません。

導電性を持つ液体の加熱シミュレーションに興味がある方はぜひご一読ください。

解析事例ページへ

蒸溜水(2.45GHz)

蒸留水(2.45GHz)

電解液(2.45GHz)

電解液(2.45GHz)