教えて、かぎけん!

「降水確率」の設定方法

答えるかぎけん

降水確率

質問
「降水確率」はどうやって設定するのですか?
【回答】

気象庁発表の天気予報にある「降水確率」とは、同じような気象状態となった時、 過去の経験則を使ってどの程度の割合で雨が降るかを統計的に算出された予報値です。
予報する地域で、1日(0時〜24時)を6時間毎に4回に分けて、1mm以上の雨が過去10回の内何回降ったかを、 0〜100%を10%刻みで表しています。

下表は、東京の6月1日の降水確率です。(気象庁天気予報より)
降水確率

0-6時 30%、6時-12時 20%、12時-18時 40%、18時-24時 50%

朝6時〜昼に1mm以上の雨が降る確率が20%となっています。 これは、過去10回の内、2回雨が降り、降らなかった日が8日あるという意味です。

通常、30%を超えたら傘を持って出かけた方が安全と言われます。 この日は1日中、概ね30%を超えていますので、1日外出される方の場合、 傘を持参した方が良いかもしれませんね。