教えて、かぎけん!

朝焼けの日の天気は?

答えるかぎけん

朝焼け
桜島の朝焼け(2012年5月4日)

質問
5月のゴールデンウィーク日の出時、桜島上空が朝日で赤く染められています。 天気はどうなりますか?
お答え
●前提−自然現象と経験値
 ・太陽は、東から昇り、西に沈む。
 ・日本上空に偏西風があるので、日本の天気は、西から東に変わる。
 ・偏西風に押されて、低気圧と高気圧がやって来る。
 ・質問の季節は、春である。

●朝焼けのことわざ
 朝焼けの日は、天気が崩れることが多い。

●ことわざは正しいか!?
朝焼けとなるのは、空気中に水蒸気やチリが多いときで、太陽光の内、 短波長はそれらにぶつかり吸収、消滅するのに対し、 長波長の赤や橙色、黄色は消滅せず私達の目に到着するのが朝焼けです。
東の空に水蒸気が多ければ高気圧が去り低気圧が近付くと考えられるので、天気が崩れると予想されます。
写真は、春に撮られたものなので、その確率が高いですが、 夏冬の場合は、偏西風が日本の北側や南側を通るので当てはまりません。
ただし、この写真の場所は桜島であり、噴火による煤煙が多いので、 低気圧による水蒸気の増加ではないことも考えられ、予報が難かしいと思われます。