レンテンローズ(Lenten rose)

【かぎけんWEB】
レンテンローズとは、キンポウゲ科クリスマスローズ属の多年草です。
別名:ヘレボラス・オリエンタリス(Helleborus orientalis)、 春咲きクリスマスローズ(Christmas rose)

レンテンローズ(Lenten rose) レンテンローズ(Lenten rose) レンテンローズ(Lenten rose) レンテンローズ(Lenten rose) レンテンローズ(Lenten rose)

レンテンローズ(Lenten rose) とは、キンポウゲ科クリスマスローズ属の耐寒性常緑多年草です。 日本で見られるヘレボラス(Helleborus) は、ニガー種(niger)と、オリエンタリス種(orientalis)ですが、 特に、ヘラボラス・オリエンタリス(Helleborus orientalis) を指して、レンテンローズ(Lenten rose)と呼んでいます。
しかし、どちらも同じヘレボラスなのでよく似ています。レンテンローズ(Lenten rose)という名前は、 キリスト教のアッシュ・ウェンデー(Ash Wednesday:聖灰水曜日)からイースター(Easter:復活祭)までの期間である レント(Lent:キリスト教の四旬節)に咲くことから付けられました。 花のように見えるものは、萼(ガク)で、実際の花は中心部にある線状のものです。 クリスマスローズ(Christmas rose、Xmas rose) と間違えられることが多いですが、 両者共にキンポウゲ科クリスマスローズ属の多年草ですが、違いは以下の通りです。
クリスマスローズは、クリスマス時期に咲くヘレボルス・ニゲルのことを指し、花色(萼弁色)が白で、冬咲きです。

一方、レンテンローズは花色(萼弁色)が赤や桃、白、緑色などの園芸種が作られており、 花色が豊富で、初春(2〜3月)に開花する春咲きの花です。 また、クリスマスローズは草丈が30cm以下と低いのに対して、このレンテンローズは40〜60cmと草丈が高いです。

一般名:レンテンローズ(Lenten rose)
学名:Helleborus orientalis(ヘレボラス・オリエンタリス)
別名:ヘレボラス・オリエンタリス(Helleborus orientalis)、春咲きクリスマスローズ(Christmas rose)
分類名:キンポウゲ科クリスマスローズ属
原産地:ギリシャ、トルコ

■関連ページ
レンテンローズ(Lenten rose)  3月の花#3(2003年)  3月の花(2002年)  3月の花#3(2002年)  ラ行の花図鑑 

レンテンローズ(Lenten rose) レンテンローズ(Lenten rose)
レンテンローズ(Lenten rose) 黒紫色品種
京都府立植物園、2014年3月22日


レンテンローズ(Lenten rose)
レンテンローズ(Lenten rose)
レンテンローズ(Lenten rose)
レンテンローズ(Lenten rose)

レンテンローズ(Lenten rose) 桃色品種
2003年3月、四ツ谷


レンテンローズ(Lenten rose)
レンテンローズ(Lenten rose) 白花品種