セイヨウニンジンボク(西洋人参木)【かぎけんWEB】

セイヨウニンジンボクはシソ目クマツヅラ科ハマゴウ属の耐寒性落葉低木です。
別名:ヴィテックス(Vitex)、Chaste tree

セイヨウニンジンボク(西洋人参木) セイヨウニンジンボク(西洋人参木)

セイヨウニンジンボク(西洋人参木) は、シソ目クマツヅラ科ハマゴウ属の耐寒性落葉低木です。 夏、枝先や葉腋から円錐花序を伸ばし薄青紫色(or 白)の小花を多数付けます。 花はシソ科特有の唇形で、下唇は3裂しその中央の裂片が大きい。 花にはかすかな芳香があり、香料とされます。また、女性ホルモンを整える薬効があるとされます。 花名は、掌状の葉形がチョウセンニンジン(朝鮮人参、学名:Panax ginseng)に似ており、原産地が欧州であることから付けられました。
似た花に、同科同属で中国原産のニンジンボク(人参木、学名:Vitex cannabifolia Sieb. et Zucc.)があります。 両者の違いは、葉縁に鋸歯があるかないか、小葉の数で見分けます。 は全縁(鋸歯が無い)で小葉は5〜7枚、ニンジンボクには大きな鋸歯があり小葉は3〜5枚です。
一般名:セイヨウニンジンボク(西洋人参木)
学名:Vitex agnus-castus
別名:別名:ヴィテックス(Vitex)、Chaste tree
分類名:植物界被子植物門双子葉植物綱シソ目クマツヅラ科(シソ科)ハッカ属
原産地:南欧、西アジア
草丈:200cm 花色:薄青紫・白 花序形:円錐花序 花序高:15cm 開花期:8〜9月 
葉形:5〜7枚の掌状複葉 小葉形:被針形 葉縁:全縁 葉の付き方:対生 葉色:緑(表)、灰白色(裏)

■関連ページ
セイヨウニンジンボク(西洋人参木)  しながわ水族館(2008年9月8日)  しながわ水族館の花(2008年9月8日)  サ行の花図鑑  樹木図鑑  花図鑑


セイヨウニンジンボク
セイヨウニンジンボク

セイヨウニンジンボク(西洋人参木)
しながわ水族館前庭で、2008年9月8日