ケンサキイカ(剣先烏賊)

【かぎけんWEB】
ケンサキイカとは別名でアカイカとも呼ばれる ツツイカ目ヤリイカ科ケンサキイカ属の烏賊です。
別名:アカイカ(赤烏賊)、シロイカ(白烏賊)、マルイカ(丸烏賊)、swordtip squid

アカイカ(赤烏賊) アカイカ(赤烏賊) アカイカ(赤烏賊) 赤いか(ケンサキイカ)丸 赤いか(ケンサキイカ)刺し身 白烏賊=ケンサキイカ

ケンサキイカ(剣先烏賊)とは、軟体動物のツツイカ目ヤリイカ科ケンサキイカ属の烏賊です。地域により呼び方が異なり、太平洋側のやや胴の長いものを赤いか、日本海側のやや胴の短いものを白イカと呼んでいます。 また、ソデイカもアカイカと呼ばれることが有ります。
別科別属のアカイカ科アカイカ属に、裂きイカなどの加工品として使われるアカイカ、市場名がゴドイカ(英名: Flying squid)がありますが、生では食べません。

美味しい烏賊!
ヤリイカより胴がやや太く、身は厚く柔らかい。 味は甘みがあり濃厚。刺身や、寿司、天麩羅、焼き物、煮物にして美味しいです。 スルメの代表選手としても知られます。

一般名:ケンサキイカ(剣先烏賊)
学名: Photololigo edulis
別名:swordtip squid、アカイカ(赤烏賊、地方名)、シロイカ(白烏賊、地方名)、マルイカ(丸烏賊)
分類名:動物界軟体動物門頭足綱十腕形上目ツツイカ目ヤリイカ科ケンサキイカ属
分布地:日本全国 環境:沖の上層(春)・下層(秋・冬)
胴長:20〜40cm(雄>雌)  体形:剣先のように先が尖った形をしているが、ヤリイカより胴がやや太く身が厚い。  体表色:基本的に透明、水揚げ後、赤褐色になる  食性:小魚を食べる肉食性  繁殖方法:産卵 産卵期:春〜夏  寿命:1年  食用の可否:可、高級烏賊 味:上品でまったりとした甘みがある  旬:春〜夏 調理方法:刺身、寿司、スルメ(するめ) 

■関連ページ
ケンサキイカ(剣先烏賊)  浜坂港鮮魚(2016年9月10日)  旬図鑑  無脊椎動物図鑑  memo 


白いか

白烏賊=ケンサキイカ
白いか
浜坂港鮮魚(2016年9月10日)


赤いか


アカイカ(赤烏賊)
アカイカ(赤烏賊)
アカイカ(赤烏賊)

赤いか
伊東のスーパーで、2013年7月20日

赤いか(ケンサキイカ)丸 赤いか(ケンサキイカ)刺し身
赤いか(剣先烏賊)
伊東のスーパーで、2014年8月3日