オリイオオコウモリ

【かぎけんWEB】
動物図鑑 
オリイオオコウモリはオオコウモリ科オオコウモリ属クビワオオコウモリ種のコウモリです。
別名:Orii flying fox(オリイフライングフォックス)、カーブヤー(沖縄方言)

オリイ オオコウモリ オリイ オオコウモリ オリイオオコウモリ オリイオオコウモリ オリイオオコウモリ オリイオオコウモリ オリイオオコウモリ

オリイオオコウモリ は、沖縄諸島の固有亜種である コウモリ目オオコウモリ科オオコウモリ属クビワオオコウモリ種オリイオオコウモリ亜種のコウモリです。
常緑広葉樹林や里地に出没します。
頭胴長が21cm、体重は300〜400g、前腕長は13cm、羽開帳は50〜60cmにもなります。 眼が大きくクリッとしており、尾はありません。  背面に2cm程の厚みの茶色い体毛があり、首に首輪のような淡黄色の帯が入ります。
果実や葉、花の密などを食べる植物食性で、昼間は木の枝にぶら下がって休憩し、夜行に行動します。 繁殖方法は胎生で行い繁殖期は10〜12月、出産期は4〜6月で、一度に雌が産む仔の数は1頭です。 仔は生後4〜5ヶ月で親から独立します。  沖縄県版レッドデータの準絶滅危惧種に指定されています。

一般名:オリイオオコウモリ
学名:Pteropus dasymallus inopinatus
分類名:動物界脊索動物門脊椎動物亜門哺乳綱コウモリ目オオコウモリ科オオコウモリ属クビワオオコウモリ種オリイオオコウモリ亜種
別名:Orii flying fox、カーブヤー(沖縄方言)
原産地:沖縄諸島の固有亜種
生息地:沖縄諸島 生活環境:常緑広葉樹林や里地
頭胴長:21cm 体重:300〜400g 前腕長:13cm 羽開帳:50〜60cm  背面の体毛長:2cm 背面の体毛色:茶色  首:首輪のような淡黄色の帯が入る。 尾:無し  眼:大きい  食性:果実や葉、花などを食べる植物食性  行動:夜行性で昼間は木の枝にぶら下がって休憩  繁殖方法:胎生 繁殖期:10〜12月 出産期:4〜6月 一度に雌が産む仔の数:1頭  独立:生後4〜5ヶ月 
備考:沖縄県版レッドデータ準絶滅危惧種

■関連ページ
オリイオオコウモリ  東京都立大島公園動物園(2018年1月8日) 、 OKINAWAフルーツらんどの鳥(2014年8月11日)  動物図鑑 


●オリイオオコウモリ

オリイ オオコウモリ オリイ オオコウモリ
オリイ オオコウモリ
東京都立大島公園動物園(2018年1月8日)

オリイオオコウモリ1 オリイオオコウモリ オリイオオコウモリ オリイオオコウモリ オリイオオコウモリ2
オリイオオコウモリ
OKINAWAフルーツらんど、2014年8月11日