シマリス(縞栗鼠)

【かぎけんWEB】
シマリス(縞栗鼠)は北米やアジア原産で、リス科シマリス属の小動物です。
別名:Chipmunk

シマリス(縞栗鼠) シマリス(縞栗鼠) シマリス(縞栗鼠)
シマリス(縞栗鼠)

シマリス(縞栗鼠、学名:Tamias)は北米やアジア原産で、リス科シマリス属の小動物です。 体長:約15 cm、尻尾長:約10 cm、体重:薬100 g程の小型のリスです。 顔と背中に数本の縦縞があり、顔には頬袋があり食料を一時補完して、巣に持ち帰ることができます。

一般名:シマリス(縞栗鼠)
学名:Tamias
別名:Chipmunk
分類名:動物界脊索動物門脊椎動物亜門哺乳網ネズミ目リス科シマリス属
原産地:北米が大半で、一部アジア
体長:約15 cm、尻尾長:約10 cm、体重:薬100 g、
特徴:顔と背中に数本の縦縞、頬袋、

■関連ページ
シマリス(縞栗鼠)  日光花いちもんめ 


シマリス(縞栗鼠)

シマリス(縞栗鼠) シマリス(縞栗鼠) シマリス(縞栗鼠)
シマリス(縞栗鼠)
日光花いちもんめ、2019年8月10日