ジョウビタキ

【かぎけんWEB】
ジョウビタキとは、スズメ目ツグミ科ジョウビタキ属ジョウビタキ種の渡り鳥です。
別名:Daurian redstart

ジョウビタキ

ジョウビタキとは、スズメ目ツグミ科ジョウビタキ属ジョウビタキ種の渡り鳥です。
雀位の大きさで公園、草地などに生息します。雄の頭は灰白で、顔と喉色は黒、翼と脚は黒地に白斑が有り、腹は橙、嘴は黒い。 雌の身体は灰褐色で、翼には白斑有り、下腹〜尾色は橙色をしています。

■関連ページ
ジョウビタキ  石川県ふれあい昆虫館【鳥編】(2015年10月12日)  鳥図鑑    memo2008  麹町便り 

一般名:ジョウビタキ
学名:Phoenicurus auroreus
分類名:動物界脊索動物門脊椎動物亜門鳥綱スズメ目ツグミ科ジョウビタキ属ジョウビタキ種
別名:Daurian redstart、
原産地:チベットから中国北東部、環境:公園、草地など
全長:145cm、鳴き声:ヒッヒッ
雄【頭色:灰白 顔と喉色:黒 翼と脚:黒地に白斑 腹:橙 嘴色:黒 】
雌【身体:灰褐色、翼:白斑有り、下腹〜尾色:橙】 食べ物:昆虫や蜘蛛 観察期:11月〜3月


ジョウビタキ

ジョウビタキ
ジョウビタキ(剥製)
石川県ふれあい昆虫館(2015年10月12日)