カルガモ(軽鴨)

【かぎけんWEB】
カルガモとは、鳥綱カモ目カモ科マガモ属カルガモ種の鴨です。
別名:Spotbill(スポットビル)

カルガモ(軽鴨) カルガモ カルガモ カルガモ カルガモ カルガモ カルガモ カルガモ カルガモ カルガモ カルカモ(軽鴨) カルカモ(軽鴨) カルカモ(軽鴨) カルカモ(軽鴨) カルカモ(軽鴨)♂ カルガモ カルガモ カルガモ カルガモ

カルガモ(軽鴨) とは、鳥綱カモ目カモ科マガモ属カルガモ種の鴨で、 日本の本州以南では一年中水辺で見られる留鳥です。ただし、北海道では夏鳥とされます。
雌雄ほぼ同色で全身が茶褐色で、羽縁は白っぽい。 翼鏡は光沢のある青色をしており、羽色は雄の方が雌より黒っぽい。 頭は黒く、顔は淡褐色で嘴〜目〜後頭部にかけて縦縞があります。 脚は朱色をしています。 嘴は平らで黒く先端は黄色くなっています。カルガモを意味する 'Spotbill'という英名は、黄色い Sopt(部分)がある bill(平たく長い嘴)という意味から付けられました。
また、軽鴨という和名は、紀皇女が万葉集で詠った短歌(下に掲載)の「軽池」に一年中居る鴨に因みます。
「軽池の浦廻行き廻る鴨すらに玉藻の上にひとり寝なくに」

一般名:カルガモ(軽鴨)
学名:Anas poecilorhyncha
分類名:動物界脊索動物門鳥綱カモ目カモ科マガモ属カルガモ種
別名:Spotbill(スポットビル)
生息分布:東アジア 環境:平野〜山地の水辺
全長:60cm(雄)、50cm(雌) 羽全開帳:90cm(雄)、80cm(雌) 体重:1Kg  体表色:茶褐色 嘴:黒で先端は黄色 脚色:朱色  特徴:嘴〜目尻〜後頭部に黒い  雌雄の違い:上・下尾筒が黒っぽい(雄)、茶色っぽい(雌)  活動期:一年中 繁殖:産卵 産卵期:4〜7月 夫婦:一夫一妻  産卵場所:水際の草地  営巣・抱卵・育雛:雌 卵数:10個 孵化日数:25日  食べ物:藻、草の葉、種子など植物食 鳴き声:グェッグエッ 

■関連ページ
カルガモ(軽鴨)  小石川後楽園(2010年6月6日)  2010年2月21日(春の御濠端・東御苑)  マガモ(真鴨)  ハシビロガモ(嘴広鴨)  鳥図鑑  鳥・トリ・とり  動物図鑑  麹町便り  memo 


●ジダンかも
小石川後楽園で、2010年6月6日


カルガモ(軽鴨)
「何やて、ワイがジダンに似とるって!?」

カルガモ
「冗談もたいがいにしてぇな」

カルガモ
「ジダンにこない長い口ありまっか?」

カルガモ
「しかし、ワイの水掻きなら軽々とボールを捌けるカモね。」

カルガモ
「そん代わりジダンにワイのイレブンが捌けまっか?」

カルガモ
だっだっだっだー

カルガモ
どっどっどっどー

カルガモ
「子沢山やから、子も生存競争もえらいこっっちゃわ」

カルガモ
「何言うとんねん、ボール代わりに蹴ったろか」

カルガモ
「わー、母ちゃんが攻めて来よった。蹴られるよって、はよ逃げんと」

カルガモ親子
小石川後楽園で、2010年6月6日



カルガモ
2010年2月21日、皇居御濠端「桔梗濠」


●カルガモのショートショート
カルカモ(軽鴨)
1) 「ご精が出ますなぁ」 →
カルカモ(軽鴨)
2) 「それでは、私もご一緒に」 ↓
カルカモ(軽鴨)
4) あっちでもこっちでも、ぐるぐるぐるぐる ←
カルカモ(軽鴨)
← 3) ぐるぐるぐるぐる

カルガモ(軽鴨)
5) 「あんたら、ちっともシンクロナイズしてへんで。
技術点も芸術点も、かも
カルガモ(軽鴨)
北海道大学の池

●カルガモのショートショート

カルガモ
「準備はええか?」

カルガモ
「エエで」

カルガモ
「なら、行って来い!」

カルガモ
「しかし、何しに行くんやろ?」

カルガモ(軽鴨)
葛西臨海公園鳥類園、2012年6月30日