コサギ(小鷺)

【かぎけんWEB】
コサギとはコウノトリ目サギ科シラサギ属の一番小さい白鷺です。
別名:Little egret

コサギ(小鷺) コサギ(小鷺)

コサギ(小鷺)とは、一年中普通に見られる水鳥で、 コウノトリ目サギ科シラサギ属の小さな身体をした白鷺です。 シラサギ(白鷺)は身体の大きさで、ダイサギ>チュウサギ>コサギと分類されますので、 コサギが一番小さな白鷺になります。 コサギの夏羽は、頭に2本の長い冠羽が生えることや背中の飾り羽の先端が巻き上がることで、 他のシラサギと区別できます。

一般名:コサギ(小鷺)
学名:Egretta garzetta
分類名:動物界脊索動物門脊椎動物亜門鳥綱コウノトリ目サギ科シラサギ属
別名:Little egret
分布:アジア、アフリカの熱帯・温帯地域 環境:干潟、湖沼、水田、草原
全長:60cm 体重:g 翼開長:100cm 羽毛色:白 嘴色:黒 足指色:黄  食性:小魚、カエル等の両生類、ザリガニ、昆虫 繁殖方法:産卵 産卵期:5〜8月 

■関連ページ
コサギ(小鷺)  谷津干潟の鳥(2009年5月31日)  鳥図鑑    memo2009


●コサギ(小鷺

コサギ(小鷺)
頭から出ている白くて長い換羽がキュート

コサギ(小鷺)

コサギ(小鷺)夏羽
谷津干潟、2009年5月31日
餌探し中です。