オカヨシガモ

【かぎけんWEB】
オカヨシガモは、カモ目カモ科マガモ属オカヨシガモ種の渡り鳥です。 別名:Gadwall
胸の小紋柄が美しいと言われまっせ(♂)。ちょっと自慢。

オカヨシガモ(丘葦鴨)

オカヨシガモ(丘葦鴨) は、カモ目カモ科マガモ属オカヨシガモ種の渡り鳥です。 日本へは北海道に冬鳥として飛来、世界的にはユーラシア大陸や北米大陸の温帯〜亜寒帯で繁殖し、 冬季は両大陸南部や、アフリカ大陸、中米へ渡り、淡水域や汽水、海水域で小グループで生活し、 繁殖期はグループ内で番を作り湖沼などの湿地帯の草地に創巣し、雌が産卵、育雛します。 雌雄共に虹彩色は黒、足は黄色です。
雄は嘴色は黒、頭部は茶色の波模様、背部は灰茶色、胸部は灰色と暗褐色の小紋模様、 腹部は白、尾羽は黒と純白の翼鏡を持ちます。
雌は、嘴は黒ですがエッジ部分が濃橙色をしており、体全体が茶系統で雄より模様が粗く、 マガモ♀に似ていますがもっと小さい。 夜間に採餌し、食べ物はイネ科等の種子やヒルムシロ等の水草の葉茎、根等の植物食です。 繁殖期は初夏で、一度に雌が産む卵数は平均10個、産卵・育雛は雌が行ないます。 雄はピュー、雌はガーガーろ鳴きます。

一般名:オカヨシガモ(丘葦鴨)
学名:Anas strepera
分類名:動物界脊索動物門脊椎動物亜門鳥綱カモ目カモ科マガモ属オカヨシガモ種
別名:Gadwall
生息分布:日本へは北海道に冬鳥として飛来、世界的にはユーラシア大陸や北米大陸の温帯〜亜寒帯で繁殖し、 冬季は両大陸南部や、アフリカ大陸、中米へ 環境:淡水域、汽水、海水域、繁殖期は湖沼などの湿地帯
全長:45〜55cm 翼長:80〜90cm  【雄】 虹彩色:黒 嘴色:黒 頭部色:茶色の波模様 背色:灰茶色 胸部色:灰色と暗褐色の小紋模様 腹部色:白 尾色:黒に純白の翼鏡 足色:黄色  【雌】 虹彩色:黒 足色:黄色 嘴色:黒でエッジが濃橙  備考:体全体が茶系統で雄より模様が粗く、マガモ♀に似ているがもっと小さい  食べ物:イネ科等の種子、ヒルムシロ等の水草の葉茎、根等の植物性 社会生活:小グループ 行動:夜間  繁殖期:5〜6月 巣:地上の草地 一度に雌が産む卵数:10個 育雛:雌 雛の成長:27日(孵化)、47日(独立)  鳴き声:ピュー(♂)、ガーガー(♀) 

■関連ページ
オカヨシガモ(丘葦鴨)  京都市動物園の鳥(2009年11月22日)   鳥図鑑  鳥・トリ・とり  動物図鑑  麹町便り  memo 



●京都市動物園の鳥(2009年11月22日)


オカヨシガモ(丘葦鴨)

オカヨシガモ(丘葦鴨) ♂冬羽
京都市動物園で、2009年11月22日