エクメア・ファスキアタ
(Aechmea fasciata)

【かぎけんWEB】
エクメア・ファスキアタとは松笠状をしたピンクの苞から紫色の小花を覗かせる エクメアの一品種です。

花図鑑をリニューアルしました。
上記リンクにてアクセスできます。

別名:エクメア・ファッシアータ(Aechmea blanchetiana)、 シマサンゴアナナス(縞珊瑚アナナス)

エクメア・ファスキアタ(Aechmea fasciata) エクメア・ファスキアタ

エクメア・ファスキアタ(Aechmea fasciata)は、厚手で硬質の長い葉の中央から伸びた花茎の先に、松笠状の桃色花のように見える苞をつける常緑多年草です。実際の花は、苞から小さく出ている紫色のものです。葉には白い横縞の線がありますが、拭けば取れます。葉縁に刺があるものと無いものとがあります。

一般名:エクメア・ファスキアタ(Aechmea fasciata)、
学名:Aechmea fasciata(エクメア・ファスキアタ)、
別名:エクメア・ファッシアータ(Aechmea blanchetiana)、シマサンゴアナナス(縞珊瑚アナナス)、
分類名:パイナップル(Bromeliaceae)科エクメア(Aechmea)属、原産地:ブラジル、草丈:40〜60cm

■関連ページ
フラワーアレンジメント(マウイ)花暦2006花博の花4月の花(2006年)


エクメア・ファスキアタ

エクメア・ファスキアタ(Aechmea fasciata) エクメア・ファスキアタ(Aechmea fasciata)
エクメア・ファスキアタ(Aechmea fasciata)
夢の島熱帯植物館、2003年5月19日

エクメア・ファスキアタ(Aechmea fasciata)
エクメア・ファスキアタ(Aechmea fasciata)
マウイ島、2001年8月11日