アスタルテア・ファッシキュラリス
(Astartea fascicularis)

【かぎけんWEB】
アスタルテア・ファッシキュラリスとは、春、桃色の小輪花を咲かせる豪州原産のフトモモ科アスタルテア属の低木です。

花図鑑をリニューアルしました。
上記リンクにてアクセスできます。


アスタルテア・ファッシキュラリス(Astartea fascicularis) アスタルテア・ファッシキュラリス(Astartea fascicularis) アスタルテア・ファッシキュラリス(Astartea fascicularis)

アスタルテア・ファッシキュラリス(Astartea fascicularis) は、春に桃色の丸い小さな6弁花を咲かせるオーストラリア原産のフトモモ科の非耐寒性常緑低木です。
赤茶色をした茎の節に松葉のような緑色の小さな葉をつけます。最近日本に入って来たニューフェースで、鉢植えや切花などに使われます。

一般名:アスタルテア・ファッシキュラリス(Astartea fascicularis)
学名:Astartea fascicularis
別名:アスタルテア
分類名:フトモモ科アスタルテア属
原産地:オーストラリア西部
生活型:低木
草丈:100〜250cm 花径:1cm 開花期:2〜5月 花色:桃

■関連ページ
アスタルテア・ファッシキュラリス  花博#39-アスタルテア・ファッシキュラリス  ア行の花図鑑 


●アスタルテア・ファッシキュラリス

アスタルテア・ファッシキュラリス(Astartea fascicularis) アスタルテア・ファッシキュラリス(Astartea fascicularis) アスタルテア・ファッシキュラリス(Astartea fascicularis) アスタルテア・ファッシキュラリス(Astartea fascicularis) アスタルテア・ファッシキュラリス(Astartea fascicularis)
アスタルテア・ファッシキュラリス(Astartea fascicularis)
浜名湖花博、2004年4月で