チャメドレア・エレガンス
(Chamaedorea elegans)

【かぎけんWEB】
チャメドレア・エレガンスとは、ヤシ目ヤシ科チャメドレア属の常緑低木で、テーブル椰子とも呼ばれます。

花図鑑をリニューアルしました。
上記リンクにてアクセスできます。

別名:テーブルヤシ、チャメドレア、チャマエドレア

チャメドレア・エレガンス(Chamaedorea elegans) チャメドレア・エレガンス(Chamaedorea elegans) チャメドレア・エレガンス(Chamaedorea elegans) チャメドレア・エレガンス チャメドレア・エレガンス

チャメドレア・エレガンス(Chamaedorea elegans)とは、普通に見られる グアテマラなどの中・南米原産のヤシ目ヤシ科チャメドレア属の耐陰・耐寒性の常緑低木です。 茎は細く単幹で成長します。
大きくなっても2m程の小型の椰子で、テーブルヤシの名で知られます。 室内でテーブルの上にものせられるのが名前の由来です。
幹は1本で葉鞘が密につき、10cm程の長さで緑色・艶無しの披針形をした小葉が左右に14枚ずつ羽状複葉となります。
春、黄色い実に見える小花をつけた肉穂花序は20cm程になります。株は雄株と雌株があり近くに植えることで受精します。 花後には、黒紫色の楕円形の果実が成ります。用途は屋内用観葉植物とされます。
同属に チャメドレア・セイフリジー(Chamaedorea seifrizii)  があります。

一般名:チャメドレア・エレガンス(Chamaedorea elegans)
学名:Chamaedorea elegans Mart.
別名:テーブルヤシ、チャメドレア、チャマエドレア
分類名:植物界被子植物門単子葉植物綱ヤシ目ヤシ科チャメドレア属
原産地:メキシコ、グアテマラなどの中・南米
生活型:耐陰・耐寒性常緑低木、単幹、、雌雄異株 樹高:100〜200cm 茎径:2cm  葉色:艶の無い緑色 葉形:小葉は披針形で羽状複葉につく 葉長:40cm  小葉長:16cm 小葉数:左右14枚毎ずつ  花序形:肉穂花序 花色:薄緑 花序長:20cm  果実色:黒紫色 果実形:楕円形  用途:屋内用観葉植物

■関連ページ
チャメドレア・エレガンス(Chamaedorea elegans)  チャメドレア・セイフリジー(Chamaedorea seifrizii)  2月の花#2(2008年、夢の島  タ行の花図鑑  樹木図鑑 


●チャメドレア・エレガンス


チャメドレア・エレガンス
チャメドレア・エレガンス

チャメドレア・エレガンス(Chamaedorea elegans)
葉は笹のよう
2010年12月18日、小田原PAトイレの鉢物

チャメドレア・エレガンス(Chamaedorea elegans) チャメドレア・エレガンス(Chamaedorea elegans) チャメドレア・エレガンス(Chamaedorea elegans)
チャメドレア・エレガンス(Chamaedorea elegans)
黄色い実のように見えるのは花
宮崎県立青島亜熱帯植物園、2009年5月3日