チョウセンレンギョウ(朝鮮連翹)

【かぎけんWEB】
チョウセンレンギョウとは朝鮮半島原産のシソ目モクセイ科レンギョウ属の落葉低木です。

花図鑑をリニューアルしました。
上記リンクにてアクセスできます。

レンギョウ(連翹)の仲間

チョウセンレンギョウ(朝鮮連翹) チョウセンレンギョウ(朝鮮連翹) チョウセンレンギョウ(朝鮮連翹) チョウセンレンギョウ(朝鮮連翹)

チョウセンレンギョウ(朝鮮連翹) は、シソ目モクセイ科レンギョウ属の耐寒性・落葉低木「レンギョウ」の仲間で、シナレンギョウの変種とされる朝鮮半島原産の品種です。
サクラ(桜)  の咲く頃に鮮やかな黄金色の四弁花を下向きに咲かせます。 チョウセンレンギョウの特徴は、葉が出る前に、枝から、直接、花を咲かせることや、葉縁全面に鋸歯があること、葉幅や花冠の裂片がそれぞれシナレンギョウより太いことです。
シナレンギョウ(支那連翹) は、枝が直立し、花冠の花片が淡黄色で細長く、葉縁上部にのみ鋸歯があります。 レンギョウ(連翹)は、花後に葉が出ます。
秋に成る果実にはルチン(rutin)等の成分が含まれ、民間療法では消炎や利尿、解毒などに効くとされます。

一般名:チョウセンレンギョウ(朝鮮連翹)
学名:Forsythia koreana
分類名:植物界被子植物門双子葉植物綱シソ目モクセイ科レンギョウ属
原産地:朝鮮半島
生息分布:北海道〜九州の日本、アジア〜ヨーロッパ
生活型:耐寒性落葉低木 樹高:2〜3m  株:雌雄異株 葉色:緑 葉の付きかた:対生  花色:鮮やかな黄金色  開花時期:3〜4月 花径:2.5cm 花冠形:4裂  成実期:秋  用途:庭木、生垣、公園樹 

■関連ページ
チョウセンレンギョウ(朝鮮連翹)  レンギョウ(連翹)  シナレンギョウ(支那連翹)  新宿御苑(2012年4月1日)  4月の花(2004年)  タ行の花図鑑  花図鑑  花暦2012  花暦  memo 

チョウセンレンギョウ


チョウセンレンギョウ(朝鮮連翹)
花冠は4裂し、裂片の幅はシナレンギョウより太い。

チョウセンレンギョウ(朝鮮連翹)

チョウセンレンギョウ(朝鮮連翹)
新宿御苑(2012年4月1日)


チョウセンレンギョウ(朝鮮連翹)
チョウセンレンギョウ(朝鮮連翹)
チョウセンレンギョウ(朝鮮連翹)