エケベリア・カンテ(Echeveria cante)

【かぎけんWEB】
エケベリア・カンテとはベンケイソウ科エケベリア属の多肉植物でエケベリアの女王とされます。

花図鑑をリニューアルしました。
上記リンクにてアクセスできます。


エケベリア・カンテ(Echeveria cante) エケベリア・カンテ(Echeveria cante) エケベリア・カンテ(Echeveria cante) エケベリア・カンテ(Echeveria cante)

エケベリア・カンテ(Echeveria cante)とは、エケベリアの女王と呼ばれるベンケイソウ科エケベリア属の多肉植物です。 紫色の葉淵が赤く、葉全体に粉がかかっているように見えます。花茎から赤い蕾を出します。

一般名:エケベリア・カンテ(Echeveria cante)
     以前は、エケベリア・サブリギダ(Echeveria subrigida)とされた。
学名:エケベリア・カンテ(Echeveria cante cante)
分類名:ベンケイソウ科エケベリア属(Echeveria属)
原産地:中央メキシコ 環境:乾燥地帯
生活型:多肉植物
草丈:45〜60cm 
開花期:7月 花茎:赤 花:赤 
ロゼッタ幅:30〜45cm 葉色:銀灰色

■関連ページ
エケベリア・カンテ(Echeveria cante)  ア行の花図鑑  戻る


エケベリア・カンテ(Echeveria cante)

エケベリア・カンテ(Echeveria cante) エケベリア・カンテ(Echeveria cante) エケベリア・カンテ(Echeveria cante) エケベリア・カンテ(Echeveria cante)
エケベリア・カンテ(Echeveria cante)
2001年8月、エンチャンティング・フローラル・ガーデン(マウイ島)で