エゾノツガザクラ(蝦夷の栂桜)

【かぎけんWEB】
エゾノツガザクラとはツツジ目ツツジ科ツガザクラ属エゾノツガザクラ種の常緑小低木です。

花図鑑をリニューアルしました。
上記リンクにてアクセスできます。


ゾノツガザクラ(蝦夷の栂桜)

エゾノツガザクラ(蝦夷の栂桜)とは、高山の岩場に自生するツツジ目ツツジ科ツガザクラ属エゾノツガザクラ種の常緑小低木です。 夏に濃桃色で先端が5浅裂した壺形の花を茎先に数個つけます。

一般名:エゾノツガザクラ(蝦夷の栂桜)
学名:Phyllodoce caerulea
別名:エゾツガザクラ
APG植物分類体系:植物界被子植物真正双子葉類ツツジ目ツツジ科ツガザクラ属エゾノツガザクラ種
原産地:
生息分布:北海道〜東北 生活型:高山の岩場
樹高:10〜30cm 茎色:茶色 
葉色:緑 葉長:1cm 葉幅:0.2cm 葉形:線形 葉縁:鋸歯 葉質: 葉の付き方:互生
開花期:7〜8月 花長:1cm  花色:濃桃色 花形:壺型で先端が5浅裂 花の付き方:枝先に複数個を束生 雄蕊:10個 
萼:5深裂 萼色:暗赤茶色 花柄・花冠・萼:腺毛あり
成実期:月 果実色: 果実形: 果実径:cm 
特記:高山植物

■関連ページ
エゾノツガザクラ(蝦夷の栂桜)  箱根湿生花園2 春の花(2013年3月23日)  カ行の花図鑑  樹木図鑑  7月の花#6の桐(2003年) 


エゾノツガザクラ(蝦夷の栂桜)

ゾノツガザクラ(蝦夷の栂桜)
エゾノツガザクラ(蝦夷の栂桜)
箱根湿生花園、2013年3月23日