オトメユリ(乙女百合)

【かぎけんWEB】
オトメユリはユリ科ユリ属の多年草です。

花図鑑をリニューアルしました。 上記リンクにてアクセスできます。

別名:ヒメサユリ(姫小百合)

オトメユリ ヒメサユリ(姫小百合)

ヒメサユリ(姫小百合) は、春〜夏、桃色の芳香のある筒形の花を横向きに咲かせるユリ科ユリ属の球根植物です。別名でオトメユリ(乙女百合)とも呼ばれます。 花には斑点はありません。吾妻山など東北の一部に自生する絶滅危惧種です。

一般名:ヒメサユリ(姫小百合)
学名:Lilium rubellum
別名:オトメユリ(乙女百合)
分類属名:ユリ科ユリ属
原産地:日本
草丈:〜50cm 開花期:5〜8月 花弁色:桃 花径:5cm 花筒長:8cm

●関連ページ
ヒメサユリ(姫小百合)  東京都薬用植物園(2008年5月10日)  ア行の花図鑑(アイウエオ)  ア行の花図鑑(ア)  花暦2008年  麹町便り 


●ヒメサユリ(姫小百合)


ヒメサユリ(姫小百合)
ヒメサユリ(姫小百合)

ヒメサユリ(姫小百合)
麹町、2005年7月9日