キバナアマ(黄花亜麻)

【かぎけんWEB】
キバナアマとはキントラノオ目アマ科キバナアマ属の常緑小高木です。

花図鑑をリニューアルしました。
上記リンクにてアクセスできます。

別名:ウンナンゲッコウカ(雲南月光花)、レインワルティア、Yellow flax(イエローフラックス)

キバナアマ キバナアマ

キバナアマ(黄花亜麻)とは、中国雲南省やインド北部、パキスタンの高山に生息する キントラノオ目アマ科キバナアマ属の常緑小高木です。
樹高50〜150cmで、緑色の葉は互生して付きます。 葉身は10cm程で、先端が尖った長卵形をしています。 開花期は自然では11月〜翌年4月ですが、園芸品はもっと長い期間割いているようです。 花茎先端に1輪または数厘の濃黄色の五弁花を咲かせます。 花径は4cm程です。 学名の由来は植物学者Caspar Georg Carl Reinwardtに因みます。 用途は、花は黄色の染料に、樹木は鉢植えや庭植えにされます。

一般名:キバナアマ(黄花亜麻)
学名:Reinwardtia indica(レインワルティア・インディカ、または、ラインバルト・インディカ)
別名:ウンナンゲッコウカ(雲南月光花)、レインワルティア、Yellow flax(イエローフラックス)
分類名(APG III):植物界被子植物真正双子葉類キントラノオ目アマ科キバナアマ属
原産地:中国雲南省、インド北部、パキスタン 環境:高山
生活型:常緑小高木 樹高:50〜150cm  葉色:緑 葉の付きかた:互生 葉身:10cm程 葉形:先端が尖った長卵形  花径:4cm 花弁数:5枚  花色:濃黄 開花期:11〜翌年4月(園芸品種はもっと長い)  学名の由来:植物学 者Caspar Georg Carl Reinwardt に因む。
用途:黄色の染料(花)、鉢植えや庭植え(樹木) 

■関連ページ
キバナアマ(黄花亜麻)  フラワーパークかごしま(2012年5月4日)  花図鑑 


キバナアマ

キバナアマ キバナアマ
キバナアマ(黄花亜麻)
自然界では冬〜早春の花ですが、園芸品種なのか5月に咲いていました。
フラワーパークかごしまで、2012年5月4日