コウヤボウキ(高野箒)

【かぎけんWEB】
コウヤボウキはキク目キク科コウヤボウキ属の多年草です。

花図鑑をリニューアルしました。
上記リンクにてアクセスできます。

コウヤボウキ(高野箒) コウヤボウキ(高野箒) コウヤボウキ コウヤボウキ コウヤボウキ

コウヤボウキ(高野箒)は、夏〜秋、白〜薄紅色のリボン状の花を咲かせる キク目キク科コウヤボウキ属の小低木です。 枝は細く草のように見えますが木です。 1年目の枝先に花を咲かせ、2年目に枝は枯れます。 名前の由来は、高野山で、この花の枝を摘んで箒を作ったことによります。

一般名:コウヤボウキ(高野箒)
学名:Pertya scandens
別名:
分類名:植物界被子植物門双子葉植物綱キク目キク科コウヤボウキ属
生息分布:本州関東以西〜九州の日本 環境:明るい林
生活型:落葉低木  葉形:卵形 花色:白〜淡紅色 開花期:10月 花形:リボン状  特記:良く分枝する 一年枝に花が咲く 風媒花 

■関連ページ
コウヤボウキ(高野箒)  高尾山(2010年11月14日)  高尾山(2010年11月7日)  カ行の花図鑑  花暦


●高尾山


コウヤボウキ(高野箒)
コウヤボウキ(高野箒)

コウヤボウキ(高野箒)
高尾山で、2010年11月14日


コウヤボウキ
コウヤボウキ

コウヤボウキ(高野箒)
高尾山で、2010年11月7日