クロチク(黒竹)

【かぎけんWEB】
クロチクとはイネ目イネ科マチク属の竹の一種です。

花図鑑をリニューアルしました。
上記リンクにてアクセスできます。

別名:ニタグロチク

クロチク(黒竹) クロチク(黒竹)

クロチク(黒竹) は、幹(さお)が黒いので命名されたイネ科マチク属の竹の一種です。ハチク(淡竹)の変種と言われます。さおの色は、春は緑で、秋に黒斑が出始めその後(紫)黒色となり、伐採後も黒い色は変わりません。生垣や鉢植えなどの植栽や釣竿、暖簾の棒、花器やすのこなどの黒竹細工の材料として利用されます。筍としても食べられます。

一般名:クロチク(黒竹)
学名:Phyllostachys nigera Munro
別名:ニタグロチク
分類名:植物界被子植物門単子葉植物綱イネ目イネ科マチク(真竹)属
原産地:中国
さお丈:5〜10m 
出筍期: 4〜5月 さお色:緑〜黒斑〜黒(伐採後も色は変わらず) 
葉色:緑

■関連ページ
クロチク(黒竹)  タケ(竹)  カ行の花  花暦


●クロチク(黒竹))


クロチク(黒竹)
クロチク(黒竹)
クロチク(黒竹)
クロチク(黒竹)
恵比寿で、11月28日