ヌマツルギク(沼蔓菊)

【かぎけんWEB】
ヌマツルギクとはアメリカからの帰化植物で、沼地に生えるキク目キク科の野草です。

花図鑑をリニューアルしました。
上記リンクにてアクセスできます。


ヌマツルギク(沼蔓菊) ヌマツルギク(沼蔓菊) ヌマツルギク(沼蔓菊) ヌマツルギク(沼蔓菊) ヌマツルギク(沼蔓菊)

ヌマツルギク(沼蔓菊)とは、畑や田圃の畦道に見られる野草で、 細い茎先に一輪の小花を咲かせるキク目キク科の一年草(二年草)です。 花は中央部で盛り上がった橙色の筒状花と、周辺の黄色い舌状花から構成されています。茎は赤茶色をしています。葉は濃緑色で対生してつきます。

一般名:ヌマツルギク(沼蔓菊)
学名:Spilanthes americana Hieron
分類名:キク科スピランテス属
原産地:北米
草丈:20〜60cm  花径:1〜1.5cm  開花期:9〜12月
花色:橙色の筒状花と黄色い舌状花

■関連ページ
ヌマツルギク(沼蔓菊)  木場公園の花(2004年6月27日)  12月の花#1(2003年) 


ヌマツルギク

ヌマツルギク(沼蔓菊) ヌマツルギク(沼蔓菊) ヌマツルギク(沼蔓菊)
ヌマツルギク(沼蔓菊)
木場公園、2004年6月27日

ヌマツルギク(沼蔓菊) ヌマツルギク(沼蔓菊) ヌマツルギク(沼蔓菊)
ヌマツルギク(沼蔓菊)
木場公園、2003年12月