アオノリュウゼツラン
(青の竜舌蘭)

【かぎけんWEB】
アオノリュウゼツランとは、メキシコ原産でキジカクシ科リュウゼツラン属の多肉植物です。

花図鑑をリニューアルしました。 上記リンクにてアクセスできます。

別名:American Aloe,Century Plant,アガベ,アガヴェ(いずれも、Agave)

アオノリュウゼツラン(青の竜舌蘭) アオノリュウゼツラン(青の竜舌蘭) アオノリュウゼツラン(青の竜舌蘭) アオノリュゼツラン アオノリュゼツラン アオノリュゼツラン

アオノリュウゼツラン(青の竜舌蘭)とは、メキシコ原産でリュウゼツラン(竜舌蘭)の葉に黄色い斑が入っていない、灰緑色のキジカクシ科リュウゼツラン属の多肉植物です。 普段は花を咲かせず、肉厚で鋭い棘のある大きな葉のみが叢生します。 数十年に一度、花茎を出しその先端から複集散花序を伸ばし何百もの薄黄色の筒型の花を咲かせ、結実後に枯れてしまいます。

一般名:アオノリュウゼツラン(青の竜舌蘭)
学名:Agave americana var. marginata
別名:American Aloe,Century Plant(センチュリープラント),アガベ,アガヴェ(いずれも、Agave)
分類名:植物界被子植物単子葉植類キジカクシ目キジカクシ科リュウゼツラン属
原産地:メキシコ、生活型:多肉植物(多年草)、草丈:8〜10m(花茎が成長した時)、草幅:200〜300cm、 葉形:ロゼット状に狭披針形の葉が叢生、葉質:肉厚で棘有り、葉縁:鋸状棘有、葉色:灰緑色、葉幅:15cm、葉長:1〜1.5m、 花序形:複集散花序、花色:薄黄色、雄蕊色:黄緑、葯色:黄色、花形:筒状、開花時期:10〜30年に一度開花し、結実後枯れる、花茎高:7〜10m、生殖媒介:蜂、蛾鳥、コウモリ、用途:観葉植物、食料、蒸留酒、備考:一回結実性

●似たもの
キジカクシ科の  Agave Franzosinii Cactusリュウゼツラン(竜舌蘭) アオノリュウゼツラン(青の竜舌蘭)フルクラエア・フォエチダ 'メディオピクタ'(furcraea foetida)  ニューサイラン(新西蘭) 
あまり似てませんが、ユリ科の オリヅルラン(折鶴蘭) 

■関連ページ
アオノリュウゼツラン(青の竜舌蘭)  市川市動植物園の花  サボテン・多肉植物  ア行の花図鑑 

アオノリュウゼツラン(市川市動植物園、2009年6月13日)

アオノリュウゼツラン アオノリュウゼツラン アオノリュウゼツラン
アオノリュウゼツラン(青の竜舌蘭)
市川市動植物園、2009年6月13日

アオノリュウゼツランの花(東京都立伊豆大島公園動物園、2018年1月8日)

アオノリュゼツラン アオノリュゼツラン アオノリュゼツラン
花が咲き、その後枯れる。
アオノリュウゼツラン(青の竜舌蘭)
東京都立大島公園動物園(2018年1月8日)