サガリバナ(下がり花)

【かぎけんWEB】
サガリバナはサガリバナ目サガリバナ科サガリバナ属の常緑高木です。

花図鑑をリニューアルしました。
上記リンクにてアクセスできます。

別名:サワフジ(沢藤)、モウカバナ(舞香花)

サガリバナ サガリバナ サガリバナ サガリバナ サガリバナ サガリバナ サガリバナ サガリバナ サガリバナ

サガリバナ(下がり花)は、奄美大島や沖縄等の南日本のマングローブや川沿いの湿地に自生し夏の夕、総状花序に下向きに咲くサガリバナ目サガリバナ科サガリバナ属の熱帯性常緑高木です。 湿った場所で、フジ(藤)のように下向きに垂れ下がる花を咲かせるので、別名でサワフジ(沢藤)とも呼ばれます。花には芳香があり蛾を呼び寄せています。 桃色または白花の房状をした花からは、鮮紅色の雄シベが飛び出しています。花は朝には散ってしまいます。 花後に成る実は角ばった卵形をしています。 同属の花にゴバンノアシ(碁盤の脚)がありますが、そちらは上向きに花を咲かせます。

一般名:サガリバナ(下がり花)
学名:Barringtonia racemosa
別名:サワフジ(沢藤)、モウカバナ(舞香花)
分類名:植物界被子植物門双子葉植物綱ビワモドキ亜綱サガリバナ目サガリバナ科サガリバナ属
原産地:奄美大島や沖縄等の南日本、東南アジアの熱帯・亜熱帯地域 環境:マングローブや川沿いの湿地
樹高:15m 葉形:長楕円形 葉長:20〜25cm 葉色:光沢のある緑  開花期:7〜9月 開花時間:夜9時頃から全開  花序形:総状花序 花序長:30〜50cm 花色:桃・白 花弁数:4枚  雄蕊数:多数 果実形:角ばった卵形 果実径:5cm 

■関連ページ
サガリバナ(下がり花)  奄美大島の花(2010年8月)  サ行の花図鑑  memo2010  花暦 


●サガリバナ


サガリバナ2
サガリバナ3
「今晩は、ワイは夜の花だよ」

サガリバナ1
「朝には散っちゃうんだ」

サガリバナ7
サガリバナ6
「真っ暗闇さかい綺麗に咲いても誰も見てくれへんけど」

サガリバナ4
「別に、人に見てもらうのが目的やないからね」

サガリバナ5
「ワイの最大の魅力は姿やのうて、香りや」

サガリバナ9
「だってワイの贔屓筋は蛾だからねぇ」

サガリバナ8
「例え姿が見えなくたって、常連さんは迷わず来てくれはるんや」

サガリバナ
奄美大島で、2010年8月13日夜