シロバナシナガワハギ(白花品川萩)

【かぎけんWEB】
シロバナシナガワハギとは、通常黄色シナガワハギの白版です。

花図鑑をリニューアルしました。 上記リンクにてアクセスできます。

別名:コゴメハギ、Melilotus albus 、sweet clover(スイートクローバー)、honey clover

コゴメハギ シロバナシナガワハギ シロバナシナガワハギ コゴメハギ シロバナシナガワハギ(白花品川萩) シロバナシナガワハギ(白花品川萩) シロバナシナガワハギ(白花品川萩) シロバナシナガワハギ(白花品川萩) シロバナシナガワハギ(白花品川萩)

シロバナシナガワハギ(白花の品川萩)とは、萩の一種で、総状花序に白い蝶形の小花を密に咲かせるヨーロッパ〜アジア原産でマメ科シナカワハギ属の1〜越年草の帰化植物です。 茎は、直立または斜上し良く分枝します。
大型に成長し種子が水に浮くので河川を介して広範に伝搬します。 葉は3枚の緑色をした楕円形の小葉からなっています。 花後に成る果実は刮ハです。
同属で黄花を咲かせる シナガワハギ(品川萩) と同様、畑の緑肥となるので飼料として栽培されたり、花に芳香物質「クマリン」が含まれるのでハーブティや民間薬に用いられています。

一般名:シロバナシナガワハギ(白花の品川萩)
学名:Melilotus alba
別名:コゴメハギ、スイートクローバー
分類名:植物界被子植物真正双子葉類マメ目マメ科シナカワハギ属
別名:コゴメハギ、Melilotus albus 、sweet clover(スイートクローバー)、honey clover
原産地:ヨーロッパ〜アジア
生活型:1〜越年草 環境:田畑、川岸
草丈:150〜200cm 
葉色:緑 葉形:3出複葉 小葉形:倒披針形 小葉縁:鋸歯有 小葉裏面:圧毛有 托葉:線形 葉の付き方:互生
花序形:総状花序 花序長:10cm 小花形:蝶形 小花長:0.5cm 小花色:白 開花期:6〜8月 
果実:豆果 果実形:広楕円形で表面に網目状の窪み有 
備考:帰化植物、花に芳香有

■関連ページ
シロバナシナガワハギ(白花品川萩)  ワッカ原生花園の花(2008年8月12日)  8月の花(2004年)  花暦  花博の花 


ワッカ原生花園

コゴメハギ コゴメハギ
V
ワッカ原生花園の花(2008年8月12日)


木場公園

シロバナシナガワハギ シロバナシナガワハギ
シロバナシナガワハギ(白花品川萩)
木場公園(2004年6月27日)

シロバナシナガワハギ(白花品川萩) シロバナシナガワハギ(白花品川萩) シロバナシナガワハギ(白花品川萩)
シロバナシナガワハギ(白花品川萩)
2004年7月11日、木場公園で

シロバナシナガワハギ(白花品川萩) シロバナシナガワハギ(白花品川萩)
シロバナシナガワハギ(白花品川萩)
2004年8月、木場公園
白花品種です。 黄色は通常のシナガワハギです。