シャシャンボ(小小坊)

【かぎけんWEB】
シャシャンボとはツツジ目ツツジ科スノキ属の常緑低木です。

花図鑑をリニューアルしました。
上記リンクにてアクセスできます。

別名:シャセンボ

シャシャンボ シャシャンボ シャシャンボ シャシャンボ シャシャンボ

シャシャンボ(小小坊) とは、ツツジ目ツツジ科スノキ属の常緑低木です。 関東南部〜四国〜九州〜沖縄の日本に分布し、樹皮は焦げ茶色で皮が剥けた後の樹は赤茶色をしています。 葉は先端が尖った楕円形で皮質で厚く、葉表は緑色で光沢があり、 葉裏は艶が無く中肋下面に小突起が点々とあります。葉縁の上部には鋸歯があります。葉は互生して付きます。 初夏〜夏、総状花序にドウダンツツジやアセビに似た壺状の白い小花を多数付けます。 秋、ブルーベリーに似た黒っぽい楕円形の小さな液果を成らせます。果実は食べられ甘酸っぱい味がします。

一般名:シャシャンボ(小小坊)
学名:Vaccinium bracteatum
別名:シャセンボ
科属名:植物界被子植物門双子葉植物綱ビワモドキ亜綱ツツジ目ツツジ科スノキ属シャシャンボ種
生息分布:関東南部〜四国〜九州〜沖縄の日本 
樹高:3〜8m 生活形態:常緑低木 樹皮色:焦げ茶 樹色:赤茶色 
葉形:先端が尖った楕円形 葉色:緑光沢(表)、緑艶消し(裏) 
葉長:5cm 葉質:皮質で厚い 葉縁:上部に鋸歯 葉の付き方:互生 葉の特徴:葉裏の中肋下面に小突起が点々とある 
開花期:5〜7月 花の付き方:総状花序 花色:白 花形:壺状 花の付き方:房状 
成実期:秋 果実タイプ:液果 果実色:青→赤→黒紫色 
果実形:ブルーベリー似の楕円形 果実径:0.5cm 果実食の可否:可食 味:甘酸っぱい 

●関連ページ
シャシャンボ  サ行の花図鑑  東山動物園の花(2009年10月25日)  花暦 


シャシャンボ


シャシャンボ
シャシャンボ
シャシャンボ
シャシャンボ
シャシャンボ

シャシャンボ
東山動物園で、2009年10月25日