トウカエデ(唐楓)
【かぎけんWEB】

トウカエデとはカエデ目カエデ科カエデ属の落葉高木です。

花図鑑をリニューアルしました。
上記リンクにてアクセスできます。

別名:オジュロ、Fortune's palm

トウカエデ(唐楓) トウカエデ(唐楓) トウカエデ(唐楓) トウカエデ(唐楓) トウカエデ(唐楓)

トウカエデ(唐楓)とは、カエデ科シュロ属の落葉性高木です。 中国原産で日本には江戸時代に渡来しました。 葉には光沢があり表裏とも無毛で、倒卵形、葉の上部は3浅裂し対生に付きます。 複総花序を伸ばし、薄黄の目立たない両性花と雄花を咲かせます。花後に翼果が成ります。 最初緑色だった葉は、秋に紅葉します。 街路樹、公園樹、庭木にに利用されます。

一般名:トウカエデ(唐楓)
学名:Acer buergerianum 
別名:オジュロ、Fortune's palm
分類(界門綱目科属名):植物界被子植物門単子葉植物綱カエデ目カエデ科シュロ属
原産地:中国東南部、台湾
樹高:15〜20m 樹皮:灰褐色 樹径:cm 開花期:4月 花色:薄黄 
花序形:複総花序 果実形:翼果 翼果長:2cm 
葉形:倒卵形で上部が3浅裂 葉の付き方:対生 葉縁:全縁、鋸歯(幼木) 葉長:3〜8cm 葉幅:2〜5cm

●関連ページ
トウカエデ(唐楓)  谷津干潟(2009年5月31日)  タ行の花図鑑  樹木図鑑 


トウカエデ


トウカエデ(唐楓)
トウカエデ(唐楓)
トウカエデ(唐楓)
トウカエデ(唐楓)
トウカエデ(唐楓)

トウカエデ(唐楓)
谷津干潟、2009年5月31日