カジカガエル(河鹿蛙)

【かぎけんWEB】
カジカガエルとはカエル目アオガエル科カジカガエル属のカエルです。
別名:Kajika frog

カジカガエル カジカガエル カジカガエル カジカガエル

カジカガエル(河鹿蛙)は、日本固有種で カエル目(無尾目)アオガエル科カジカガエル属のカエルです。 渓流や湖の水辺近くの岩場を中心に生活しています。 体はメスの方がオスより1.5倍ほど大きい。 体表色は岩場の保護色となるように灰褐色地に不規則な斑紋があり濃淡を変化させることもできます。 目は丸くて大きく、指先には吸盤があります。 食べ物はクモや昆虫などを採食します。 春夏の繁殖期になるとオスは牡鹿のような鳴き声を上げて(これが名前の由来です)メスを誘います。 メスは渓流の石下に卵を産み付けます。

一般名:カジカガエル(河鹿蛙)
学名:Buergeria buergeri
別名:Kajika frog
分類名:動物界脊索動物門脊椎動物亜門両生綱カエル目(無尾目)アオガエル科カジカガエル属
分布:日本の固有種(本州〜九州) 環境:渓流や湖の水辺近く
体長:4cm(♂)、6cm(♀) 体形:上下に扁平(岩の隙間)  体表色:灰褐色地に不規則な斑紋(岩場での保護色、濃淡の変化)  目:丸くて大きい 指先に吸盤 食べ物:クモや昆虫などの動物食  繁殖期:4〜8月 繁殖場所:渓流の石の下  鳴き声:牡鹿に似た声でフィーフィーと鳴く(繁殖期の♂)  繁殖形態:卵生 産卵数:500個(数回に分けて) 孵化期間:2週間 

■関連ページ
カジカガエル(河鹿蛙)  葛西臨海水族園「淡水生物館」(2011年5月8日)   両生類図鑑 


カジカガエル

カジカガエル カジカガエル カジカガエル カジカガエル
カジカガエル
葛西臨海水族園「淡水生物館」、2011年5月8日