トラフカラッパ(虎斑calappa)

【かぎけんWEB】
トラフカラッパとは、十脚目カラッパ科カラッパ属の海の生物です。
別名:ハズカシガニ、Red-streaked box crab

トラフカラッパ トラフカラッパ トラフカラッパ トラフカラッパ トラフカラッパ

トラフカラッパ(虎斑calappa)とは、十脚目カラッパ科カラッパ属の饅頭型をし て頑丈な大きなハサミを持つ海の生物です。 東京湾〜九州の日本やインド洋の浅い砂泥地に生息します。 殻色は薄黄〜褐色で大きいものには、暗色の虎柄の斑紋があり、殻はすべすべして滑らかです。 手足は短いです。
昼は砂地に潜り目と触覚だけを出し、夜に食べ物を求めて行動します。 巻貝や宿仮りなどの貝を好物にし、貝を掴み、 左のハサミで貝を回し、 右のハサミで少しずつ貝の縁を切る、ちょうど林檎の皮むきのように貝殻を剥いて中の身を食べます。
人間の食用にはしません。
カラッパとは、インドネシア語で「椰子の実」を意味する「kelapa(クラパ)」が転訛したものです。 また、日本語でハズカシガニというのは、ハサミで顔を隠してるように見えるからです。

■関連ページ
トラフカラッパ(虎斑calappa)  サンピアザ水族館(2012年12月24日)  無脊椎動物図鑑 

一般名:トラフカラッパ(虎斑calappa)
学名:Calappa lophos
別名:ハズカシガニ、Red-streaked box crab
分類名:動物界節足動物門甲殻軟甲綱十脚目カラッパ科カラッパ属
分布域:東京湾〜九州の日本、インド洋 環境:浅い砂泥地
甲羅形:丸い 甲羅長:8〜12cm 体甲色(殻色):薄黄〜褐色に暗色の斑紋(大きいものにだけある)  甲羅表面:すべすべして滑らか  殻色の斑紋:4個の目玉模様→脇に虎の縞々模様が出る  ハサミ:頑丈  食性:巻貝やヤドカリなどの貝を食べる動物食性  行動:夜行性(昼は砂地に潜り目と触覚だけを出す)  手足:短い  食用の可否:食べない  特徴:饅頭型の体形と頑丈な大きなハサミを持つ、ハサミで顔を隠してるように見える。 備考:カラッパとは、インドネシア語で「椰子の実」を意味する「kelapa(クラパ)」が転訛したものです。 左のはさみで貝を回し、右のハサミで少しずつ貝の縁から切って行き身を食べる 


トラフカラッパ(虎斑calappa)ショートショート


トラフカラッパ3
「ただ今、お見合い中や」

トラフカラッパ2
「何やっとるやんやろ。ガラスに映ってるだけやのに」

トラフカラッパ4
「一日中あないしてるんや」(手前のカラッパ)

トラフカラッパ5
「わしゃ、可笑しうて見てられんさかい、横向いとんのや」(左のカラッパ)

トラフカラッパ1
「お嬢さん、夢を語りあおうじゃありませんか?」

トラフカラッパ(虎斑calappa)
サンピアザ水族館で、2012年12月24日