ホウオウボク(鳳凰木)

【かぎけんWEB】
ホウオウボクは、熱帯3大花樹の一つ、マメ目ジャケツイバラ科ホウオウボク属の高木です。
別名:ロイヤル・ポインシアナ(Royal Poinciana)、Flamboyant(フランボヤン)、Flam Tree(フレイムツリー)

ホウオウボク(鳳凰木) ホウオウボク(鳳凰木、Royal poinciana) ホウオウボク(鳳凰木、Royal poinciana) ホウオウボク(鳳凰木) ホウオウボク(鳳凰木)

ホウオウボク(鳳凰木) は、初夏〜秋、総状花序に鮮朱赤色の五弁花を咲かせ続ける マメ目ジャケツイバラ科ホウオウボク属の熱帯性落葉高木です。 整った笠形の自然樹形で大きな葉が多数出るので、 樹下は夏でも涼しく熱帯地方では憩の場になります。 葉はシダに似て涼しげで緑色の葉と、真っ赤な花色との対比が美しい。 花は大きく開花し雄しべと雌しべを突出させ、最盛期には樹冠が鮮緋色で一斉に染まります。 花後に枝からぶら下るように、青く大きな剣状の莢(サヤ、豆果))がなりますが、 時間の経過と共に黒く変色し、奇妙に捩れ少し不気味な感じになります。 熱帯地域では街路樹として植えられ種子はレイやネックレス等の素材とされ土産物として売られています。 似た花に、オオゴチョウ(黄紅蝶)があり、 別名をヒメホウオウボク(姫鳳凰僕木)とも呼ばれます。
アフリカン・チューリップ・ツリー(African Tulip Tree)ジャカランダ(Jacaranda)ホウオウボク(鳳凰木) は、熱帯3大花樹とされます。

一般名:ホウオウボク(鳳凰木)
学名:Delonix regia
別名:ロイヤル・ポインシアナ(Royal Poinciana)、Flamboyant(フランボヤン)、Flam Tree(フレイムツリー)
分類名:植物界被子植物門双子葉植物綱マメ目ジャケツイバラ科ホウオウボク属(マメ科を卒業)
原産地:マダガスカル 分布:日本では沖縄県、台湾、ハワイ等の熱帯・亜熱帯地方
樹高:10〜15m 花径:10cm 花色:鮮朱色・紅・黄 葉色:濃緑 開花期:5〜10月  莢幅:5cm 莢長:40〜50cm

■関連ページ
ホウオウボク(鳳凰木)  熱帯ドリームセンター(沖縄、2009年8月14日)  ラ行の花図鑑  カウアイ島の花#1(2004年8月)  ワイメアの花#21(2005年)  ハワイ島の花#1(2002年) ハ行の花図鑑  樹木図鑑 


ホウオウボク


ホウオウボク(鳳凰木)
ホウオウボク(鳳凰木)

ホウオウボク(鳳凰木)
熱帯ドリームセンター(沖縄)で、2009年8月14日


ホウオウボク(鳳凰木)

ホウオウボク(鳳凰木)
2004年8月カウアイ島で


ホウオウボク(鳳凰木、Royal poinciana)
ホウオウボク(鳳凰木、Royal poinciana)

ホウオウボク(鳳凰木、Royal poinciana)
2005年8月8日、ワイメア(オアフ島、ハワイ州)で
digi200_no03_20050807botanical


ホウオウボク(鳳凰木)

ホウオウボク(鳳凰木)
2002年8月、ハワイ島(ビッグアイランド)で


ホウオウボク(鳳凰木)
ホウオウボク(鳳凰木)
沖縄で