アフリカツメガエル(アフリカ爪蛙)

【かぎけんWEB】
アフリカツメガエルは、無尾目アマガエル科アメガエル属アフリカツメガエル種のカエルです。
別名:ツメガエル

アフリカツメガエル アフリカツメガエル アフリカツメガエル アフリカツメガエル

アフリカツメガエル(アフリカ爪蛙、学名Xenopus laevis)は、南アフリカ原産で、ピバ科ツメガエル属の淡水カエルです。ほぼ一生を水中で暮らし、陸上に出ません。体形は、後ろ足が水掻きが大きく発達しており水中を泳ぐのに最適化されています。 食性は雑食性で中層にいる小魚や植物性プランクトンを採食します。 食事の際には舌がないので手を使いますホルモン剤で一年中産卵し、ふ化が早く、密集した水槽にも耐え、食べ物にこだわりがないため、実験動物として使われます。ツメガエルという名前は後肢の指に爪状の確執が有ることに拠ります。

一般名:アフリカツメガエル(アフリカ爪蛙)
学名:Xenopus laevis
分類名:動物界脊索動物門脊椎動物亜門両生綱無尾目ピバ科ツメガエル属アフリカツメガエル種
原産地:南アフリカ、
別名:ツメガエル、全長:10〜13 cm、食性:雑食、

■関連ページ
アフリカツメガエル(アフリカ爪蛙)  箱根園水族館(2019年5月5日)  登別マリンパークニクス(2016年10月10日)  東京タワー水族館(2010年9月12日)  東山動物園(2009年10月25日)  両生類図鑑 


アフリカツメガエル

アフリカツメガエル
アフリカツメガエル
東京タワー水族館(2010年9月12日)


アフリカツメガエル―アルビノ

アフリカツメガエル アフリカツメガエル アフリカツメガエル
アフリカツメガエル―アルビノ
箱根園水族館(2019年5月5日)

アフリカツメガエル(アルビノ)
アフリカツメガエル(アルビノ)

東京タワー水族館(2010年9月12日)