ホンドギツネ(本土狐)

【かぎけんWEB】
ホンドギツネとは、本州〜九州に生息する食肉目イヌ科キツネ属アカギツネ種ホンドギツネ亜種の野生動物です。
別名:キツネ(狐)、Japanese Red Fox(ジャパニーズ・レッド・フォックス)

キツネ登場 キツネ10 キツネ13 キツネ11 キツネ12

ホンドギツネ(本土狐) とは、本州〜九州の森林に生息する食肉目イヌ科キツネ属アカギツネ種ホンドギツネ亜種の小型の肉食動物です。
いわゆる、一般に言われるキツネのことで、キツネ顔で、体色はキツネ色をしています。 食性は、主として、ネズミやウサギ、鳥、昆虫などの動物を捕食したり、木の実などの植物を採食する雑食性です。 普段は単独で生活しています。
アカギツネの亜種で、北海道に生息する キタキツネ(北狐)  よりやや小さく、四肢にが黒い部分がない。

一般名:ホンドギツネ(本土狐)
学名:Vulpes vulpes japonica
分類:動物界脊索動物門脊椎動物亜門哺乳綱食肉目(ネコ目)イヌ科キツネ属アカギツネ種ホンドギツネ亜種
別名:キツネ(狐)、Japanese Red Fox(ジャパニーズ・レッド・フォックス)
原産地:本州〜九州太 環境:平地〜高山の森林
頭胴長:50〜75cm 体重:4〜7Kg 尾長:30〜40cm 
体色:赤色がかった黄色 胸・腹・頬・尾っぽ:白 足首色:茶色
耳形:三角 鼻形:細面で尖る 出現期:一年中 
食性:主として、ネズミやウサギ、鳥、昆虫などの動物や、木の実などの植物も食べる雑食性 
社会性:単独生活 結婚:一夫一婦制 
発情期:12〜2月 出産時期:冬 一度に産む仔の頭数:4〜10頭 

■関連ページ
ホンドギツネ(本土狐)  キタキツネ(北狐)   八方(2014年1月11日)  動物図鑑 

キツネ登場
こんばんは〜

キツネ10
きつねでっせ

キツネ13


キツネ11


キツネ12


ホンドギツネ(本土狐)
白馬八方、2014年1月11日